No.121 「ひらまつ」にみるブランドポートフォリオ戦略 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

澤田 且成
アイディーテンジャパン株式会社 企業ブランディングコンサルタント
東京都
ブランドコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

No.121 「ひらまつ」にみるブランドポートフォリオ戦略

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
ブランディングニュース 『企業ブランド戦略の成功と秘密』

テーマ:レストラン事業のブランディングとは?「ひらまつ」ブランドポートフォリオ戦略 
--------------------------------------------------------------
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  2010.02.10
 “選ばれ続ける仕組み”を設計するメールマガジン

企業ブランド戦略の成功と秘密~知らないことが失敗を生む

:::::::::::::::::::::::: 第0121号  アイディーテンジャパン 発行
--------------------------------------------------------------

さて、本日のブランディングニュースは、
レストラン事業のブランド構築について考えてみたいと思います。


レベルの高い、世界のあらゆる食事を一都市で楽しめるのは
世界の中でも東京だけです。

多彩だけではなく
競争が激しい分、テイスト(味)も洗練されています。

選ぶ側の基準が厳しくなってきた・・・というよりも
選ぶ側が何を食べたいのか明確になってきた・・・とも受け取れます。


また「テイスト」だけではなく、
「食を通して同化する時間・世界観」も
レストラン事業で生き残るためには必須項目になってきています。


一本筋が通ったテイストへのこだわりと
テイストを体感で楽しむ世界観。

本日、注目するのは、
フレンチレストランを中心に事業展開をすすめる「ひらまつ」です。

1982年にフレンチレストラン「ひらまつ亭」をオープン。

2003年にはフレンチレストラン業界では第一号になる株式上場を行い、
現在は、価格帯に幅を持たせた独自性の高いレストランや、
著名なシェフとのコラボレーションによるレストランを運営し、
売上は100億円を突破しています。

シェフとしての腕前だけでなく、
経営者としての手腕も一流の平松宏之氏。

ブランディングの切り口から
ひらまつのレストラン事業はどう映るのか?
またレストラン事業で成功するための要因をどう見るのか?
弊社、澤田且成がお伝えさせていただきます。

ひらまつ
http://www.hiramatsu.co.jp/

*        *        *

--------------------------------------------------------------
<本日の内容>
--------------------------------------------------------------

[1]  "選ばれ続ける仕組み"の事例:
レストラン事業のブランディングとは?「ひらまつ」にみるブランドポートフォリオ戦略 

[2]  3月17日『「かおり」ブランディング実践術セミナー』

[3]  編集後記

--------------------------------------------------------------
[1]  "選ばれ続ける仕組み"の事例:
レストラン事業のブランディングとは?「ひらまつ」にみるブランドポートフォリオ戦略
--------------------------------------------------------------

■ 100年一度の大不況の中、売上101億円、営業利益9億円

ひらまつといえば、
・日本とフランスの店舗でミシュランの星を獲得
・高級フレンチレストランでは唯一のJASDAQ上場
・レストランウェディングの草分的存在
として名高いレストランですが、

ブランド戦略を学ぶ人にとっては
ブランドポートフォリオの事例として
耳にした方は多いのではないでしょうか?

ブランドポートフォリオとは、
複数のブランドを管理・運営するときに、
主軸となるブランドだけでなく、
その他のブランドも含めた全体の構造を設定し、
それぞれのブランドの役割、適用範囲、相互関係などを
明確に仕分け・表現することです。

「ひらまつ」の場合、
レストラン数が増えていく中で、
個々の特徴や狙い、価格帯、顧客層を再確認し、
それぞれのポジションを明確にしています。

例えば、価格帯の視点から見てみると、
「ひらまつ」は客単価1.5~2万円の高中級なレストラン、
「ASO」をはじめ他レストランは1~1.5万円のカジュアルなレストラン
といった住み分けを行っています。

高級フレンチレストランという産業の中で、
価格帯や世界観、サービス内容等の軸でマッピングし、
軌道修正をしながらブランドポートフォリオを作り上げていく・・・

まさに「世界で唯一のレストランブランドカンパニー」としての
成長を続けている会社です。

その結果、売上高は101億円、営業利益は9.9億円(41%増)で
前年の2.2倍にあたる大幅増益。しかも純利益は過去最高を更新です。

 

続きはこちらから。

⇒ http://www.id10.jp/node/226

このコラムに類似したコラム

No.187 ハウステンボス再建 軸への守りと攻めのバランス感 澤田 且成 - ブランドコンサルタント(2011/10/17 15:32)

No.132 レゴに学ぶ「商品からコンセプトが伝わってきますか?」 澤田 且成 - ブランドコンサルタント(2011/02/15 13:01)

No.128 トップのブランド力を活かすヴァージン・グループ 澤田 且成 - ブランドコンサルタント(2011/02/12 18:16)

強いブランドを作る!「らしさ運動」のファミリーマート 澤田 且成 - ブランドコンサルタント(2010/11/10 20:41)

JAPANブランド育成支援事業のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/03/04 08:05)