働きすぎの社会 - 仕事・職場全般 - 専門家プロファイル

税所 彰
リソース キャリアコーチ
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:仕事・職場

須貝 光一郎
須貝 光一郎
(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
関澤 由香
(キャリアカウンセラー)
西田 淑子
(ビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

働きすぎの社会

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 仕事・職場
  3. 仕事・職場全般

日本人は働きすぎだ、と指摘されて久しくなります。 

経済のグローバル化のため、価格競争が激化し、

日本人の労働時間はますます長時間化しています。 

 

過剰に働く暮らしは、実は私たちの消費中心のライフ

スタイルも関わっています。お隣が大型液晶テレビを

買った、と聞けば我が家も・・・、となるでしょう。消費の

欲望は際限がないので、収入のために一層仕事をしな

ければならない悪循環に嵌ってしまうのです。

 

このため消費生活を根本的に見直して、多少収入は

下がっても、自分のペース、価値観に沿った仕事をしよう、

というひとびとが現れてきました。

「ダウンシフター」(減速生活者)と呼ばれるひとびとです。

 

      ◆          ◆          ◆

 

先日日本の首相が二酸化炭素を2020年までに25%

削減する、という約束を国際社会に向けて発信しました。

 

大多数の国民が、ダウンシフター社会を良しとする選択を

すれば、25%目標は達成する可能性がでてくるでしょう。

そうでなければ単なる非現実的な夢に終わるだけの話です。

 

働きすぎでない社会を、本当に作りたい、と思うのか。

消費主義を捨てられるか。

私たちは自分自身に問いかけなければなりません。

 

また、企業も生産を落としながらも競争力や経済効率

を失わない、という通常では考えられない方法を見つけ

なければなりません。

 

日本の社会にとって大きな覚悟と創造性を必要とする

チャレンジであることは間違いありません。

 

私たちだけでなく次の世代も含めたこの国の未来の姿に

ついて考え、議論を深めるときが来ている気がします。

このコラムに類似したコラム

企業理念 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2010/07/10 15:51)

「かまってちゃん」社員の上手なかまい方 発売中です!! 大野 萌子 - 心理カウンセラー(2014/10/19 23:11)

御歳暮時期とクリスマス商戦の百貨店 竹間 克比佐 - 転職コンサルタント(2012/11/30 18:07)

飲食店の経営者 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/03/10 21:20)