何を売るか? - 広告戦略・媒体計画 - 専門家プロファイル

菅野 真一
菅野デザイン企画 代表
グラフィックデザイナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広告代理・制作

ウジ トモコ
ウジ トモコ
(アートディレクター)
北村 卓
(マーケティングプランナー)
北村 卓
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「最大の目的以外は捨てる」


もしあなたの美容室が、
「35歳の子持ち、平日はパートに出ている忙しい主婦を対象として、
得意分野である"スピード"を活かした新サービス『スピード・カット』
を告知したい」とします。
ここで押さえておきたいのは、「最大の目的以外は捨てる」という事です。
大前提として、お客様を不快にさせるような事は避けなければならないので、
他の要素もある程度のレベルは必要ですが、
「速さも」「美しさも」「リラックスも」「楽しさも」・・・と
いろいろ追求してしまうと、全てが中途半端になり、
売りである「速さ」も埋もれてしまいます。
せっかく考えたサービスも、他の店の他のサービスとも区別がつきにくくなり、
他店との差別化が出来なくなります。
これまでやってきたターゲットを決めたり、
自社の強みを洗い出した意味が無くなってしまいます。

10人のうち4人が興味を持ち「まあまあ良い」の評価を得るよりも、
10人のうち1人でも
「私のためにあるようなサービス」
「大満足、もう他のお店には行けない」
と言う評価を勝ち取るためにやる事なのです。
ここでは「スピード」を謳っているので、「スピード」を期待している人に対して、
その点では必ず満足させなければいけません。
「スピード」なら「スピード」を確約し実行する事で、
忙しい人達の中で、「○○は速い」「時間通りにやってくれる」という
信頼が生まれ、クチコミが広まります。
「速くやって欲しいなら○○美容室」という評判が立つでしょう。
それは、ブランド化の第一歩です。

「スピード」を商品にする事はあくまで例えです。
もし、あなたが「気持ち良さ」「美しさ」「リラックス」「楽しさ」・・・などを
最優先にしたいのであれば、それらを求めているお客様を対象にした、
それらを最大の目的としたサービスを考えてみて下さい。
その最大の目的一つでさえ、期待を裏切らないレベルで提供するのは
簡単な事ではないと思います。
一つの目的を果たすために、経営資源を集中させましょう。

 

このコラムに類似したコラム

運動会があると美容室が儲かる? 菅野 真一 - グラフィックデザイナー(2010/08/30 10:00)

割引や広告をしなくてもモノが売れる会社 菅野 真一 - グラフィックデザイナー(2010/06/07 09:00)

あなたは、誰に価値を提供していますか? 北村 卓 - マーケティングプランナー(2012/02/17 06:00)

知らなきゃ損!「不況のピンチをチャンスに変える方法」(3)- 北村 卓 - マーケティングプランナー(2012/02/15 06:35)

知らなきゃ損!「不況のピンチをチャンスに変える方法」(2) 北村 卓 - マーケティングプランナー(2012/02/08 21:27)