夏定番の冷たい麺を美味しく食べる麺つゆの作り方 - 和食・家庭料理 - 専門家プロファイル

株式会社アッサンブラージュ 100%天然素材 家庭料理実践家
東京都
料理講師
03-5789-8047
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夏定番の冷たい麺を美味しく食べる麺つゆの作り方

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 和食・家庭料理
少人数制料理教室・クッキングサロンM&Y 毎日の料理

※こちらのコラムは誤って消去してしまった6月14日分コラムの再掲載分となります。ご了承くださいませ。

 

こんにちは。

高窪です。

 

梅雨入り宣言も出て、今日は一日中雨ですね。

いかがお過ごしでしょうか?

 

この時期、外は肌寒いけれど室内は湿度が高くて蒸し暑い、ということが多くなりますよね。

そんな蒸し暑い時期、我が家の食卓に頻繁に上るメニューの一つが冷たい麺。

野菜をたっぷり添えていただいたり、シンプルに薬味と柚こしょうでいただいたり…。

 

その時に使うのは、どんな麺つゆですか?

やはり市販の麺つゆを使う方が多いのでしょうか…。

 

とはいえ、ちょっとだけ時間を使って作る、自家製の麺つゆは格別の味。

手軽に作れるので、ぜひとも一度作ってみてはいかがでしょうか?

 

1)出汁をとります。 鍋に水を入れ、湿らせたキッチンペーパーでさっと周りの汚れをふき取り、何か所かにキッチンはさみで切れ目を入れた昆布を投入します。昆布は1リットルに対して8cmくらいの長さが目安です。昆布の汚れは干した時についた砂があれば落とすだけですので、洗う必要はありません。昆布のまわりについている白い粒子は、昆布のうまみ成分です。

2)1)の鍋を火にかけて、沸騰する寸前で火を止めてからけずり鰹を投入します。1リットルにたっぷりひとつかみは入れてください。

3)そのまま10分ほど置いておいてから、漉します。

4)とれた出汁750cc、日本酒120cc、みりん140cc、しょうゆ160cc、砂糖大さじ4強、塩大さじ1/2強を一緒に鍋に入れて、沸騰したら火を止めてさまして出来上がりです。

日本酒やみりん、しょうゆ、砂糖、塩の量はあくまで目安ですので、それぞれのお好みで調整してくださいね。

 

よく冷えた自家製の麺つゆでいただく冷たい麺。

食欲がないときでも、美味しくいただけること受けあいです。

みなさまもどうぞ試してみてくださいね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 料理講師)
株式会社アッサンブラージュ 100%天然素材 家庭料理実践家

気軽に作れ美味しく元気になる完全無添加・100%天然素材家庭料理

お料理も、食べるのも気軽に楽しく、そして元気に!アトピー体質の自分の身体と向き合い、楽しみながらお料理して命をいただいた実体験から生まれた、本当に美味しくて元気になる100%天然素材家庭料理が、クッキングサロンM&Yのお料理教室のコンセプトです。

03-5789-8047
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「少人数制料理教室・クッキングサロンM&Y」のコラム

このコラムに類似したコラム

父の誕生日@我が家 笠井 奈津子 - 料理講師(2012/09/02 09:49)

今日も 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/11/04 10:35)

近江八幡の赤こんにゃく 塚本 有紀 - 料理講師(2013/08/14 23:59)

モカジャバレシピ 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/07/21 10:50)

久しぶりの朝食風景 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/07/15 10:38)