小さな会社の実情 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

小さな会社の実情

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、昨日は携帯電話や自転車が壊れ、

何だか冴えない一日でございました。

ま、きっと「厄落としの日」だったのでしょう。



昨日からの続き、事業と生活費に関する問題について。

まず、最初に一点確認をしておく必要があります。

それは小さな会社における事業と私生活の関係です。


個人事業だろうが法人だろうが同じことなのですが、

零細な事業主に取っては事業も生活費、どちらも

「同じ人間がやっていること」と認識する必要があります。

何を意味するのかというと「事業と私生活でバランスが

取れていないと、無理が出る」ということです。


よく「仕事と私生活ははっきりと分けたい」という主義の

方が多くいますが、その理屈では事業の継続も

おぼつかないし、私生活の破綻をきたすことも

ありえます。


このことを念頭において、これからの話しを進めます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

事業展開を考えて法人を作る 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/13 07:00)

利益、500万円くらい 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/30 07:00)

個人と法人で分け合える 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/27 07:00)

個人事業と法人 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/25 07:00)

例:事業を展開してくための悩み 高橋 昌也 - 税理士(2016/01/28 07:00)