初期における資産=売れるもの - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年04月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

初期における資産=売れるもの

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
大根の花。

おはようございます、我が家の近所で見つけました。


昨日からの続き、初期会計における資産の本質について。
繰り返しになりますが、初期の会計で求められていたのは
処分可能利益、つまり''借金の返済に使える利益''でした。


ということは、資産とは次のようなものになります。


・資産とは、お金に換えられるものである


現預金は最初からお金なので問題ありません。
商品も売ればお金になります。
建物のような固定資産も売却すればお金になります。

これらのような「売れるもの」が資産だったのです。


では「売れない資産」なんてあるのでしょうか?

この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

お仕事と人(2017/02/27 07:02)

人と道具(2017/02/25 07:02)

向いていない人はいる(2017/02/24 07:02)

関わる人が多いと大変(2017/02/23 07:02)