資産とはどういうものか? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

資産とはどういうものか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
ピンキリ。

おはようございます、まぁ色々ありますよ、お値段もね…。


昨日からの続き、初期の会計においては処分可能利益という
ものを計算することが求められていた、ということを説明しました。


実はこのことからもうひとつの論点が浮かび上がってきます。
それは


・資産とは何か?


というお話です。

皆さんは、資産と聞くと例えば不動産などの固定資産や
棚卸商品、現預金などを思い浮かべるのではないでしょうか?


実は資産というものの本質は、一定ではありません。
資産の本質は、その時の会計が目的としているものによって
常に変遷を続けているのです。

ですので、ある時期には資産として認識されていたものが
とある時期を堺に資産ではない、とされたケースもあります。


では初期の会計における資産とはなんだったのか?

この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

ものは使いようです(2016/12/11 07:12)

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)