複式簿記、その最初の目的 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

複式簿記、その最初の目的

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
桜木町野毛方面、商店街の風景。

おはようございます、やはり東横線桜木町駅がなくなったのは厳しいようで。


昨日からの続き、会計の歴史についてです。
会計の中でも複式簿記について、少し歴史を追ってみます。


複式簿記の歴史は12世紀ころまで遡ります。
そして、会計の目的も現在のソレとは多少異なる面をもって
いたと考えられます。

まず、経済情勢として現在と当時の最大の違いは


・当時は企業というものが簡単に潰れる時代だった


ということが挙げられます。
もちろん現在でも企業というものは結構潰れているのですが、
当時は現在以上に潰れやすい状況でした。
現在のような大企業と呼べるような存在があるわけでもなく、
現在のように通信網が発達しているわけでもないので企業の
信頼性を担保する方法が非常に限定されていたのです。


その中で、会計に求められた機能はなんなのか?


この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)