子供部屋の仕切り - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子供部屋の仕切り

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
安心住まいのキーポイント
新築やリフォーム時に限らず、将来子供が増えたとき子供部屋をどう仕切ろうかという悩みは皆さん共通事項のようです。

子供の人数分、部屋を準備できれば訳ないのですがそうもいかないのが現状です。

子供の年齢差や性別によって視覚・音・光のプライバシーの重要度が変わってきますが重要視すべき事項は「収納」につきると思います。

小さな頃は「おもちゃ」のスペースが、大きくなれば参考書など書籍や洋服・CDなど嵩張るものばかり・・

クローゼット付き4.5畳に小学生二人部屋の場合、壁面に本棚などを置くスペースがないので、床を造作工事でかさ上げし前面床下収納とするとかなりの収納量が確保できるケースがあります。(天井高が低くなり廊下入り口に段差が生じるが・・)

また幼児や園児のいるご家庭では遊べる安全スペースを子供用テニスネットで仕切ると多少目を離しても安心できるようです。

お子さんのいるご家庭は、安心して暮らせる住まいづくりが一番ですね(^^)


(ちなみに写真のテニスネットは9000円くらいで買えます。)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「安心住まいのキーポイント」のコラム

マンションの盲点(2012/03/23 23:03)

狭小住宅の採光と照明 3(2009/09/29 20:09)

狭小住宅の採光と照明 2(2009/09/28 21:09)

狭小住宅の採光と照明 1(2009/09/22 18:09)