釣り宿と常連さんの力関係 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

釣り宿と常連さんの力関係

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践

おはようございます、今日は靴の記念日です。

紐を自分で縛る靴を履きなれたら、そうでない靴が頼りなく感じるように。

 

趣味の事業化についてお話しをしています。

新規顧客開拓と既存客の対立について。

 

これは、とある釣り宿で実際に私がみかけたお話です。

簡単に立場を説明すると・・・

 

・若い集団客(多分学生さん?)

初めての釣り、道具の使い方もよくわからない。

まずは手軽に、近場で釣りの手応えを味わってみたい。

 

・常連さん

相当回数通っているっぽい。

少し遠出して、深場でじっくりと釣りたい。

 

釣り宿さんとしては、若い集団客の要望に応えてあげたいのかな、という感じでした。

実際、釣りをして初めての人がいきなり深場でやっても、中々難しいのが実情です。

が、常連さんはそれが面白くなかったのでしょう、明らかに不機嫌そうな態度に変わってきました。

 

「釣りってのはこうこうこういうものだろう!!なんでそんなこともわからないやつにこっちが合わせなくちゃいけないんだ!!」

 

という感じとでも言いましょうか・・・

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

生体(2017/06/27 07:06)

複合企業体の形成(2017/06/26 07:06)

このコラムに類似したコラム

寿命、余命 高橋 昌也 - 税理士(2017/03/16 07:00)

新規層開拓と既存客との問題 高橋 昌也 - 税理士(2017/03/14 07:00)

本物の合唱っていうのは・・・と語りたがる人々 高橋 昌也 - 税理士(2017/03/19 07:00)

ゴルフで仕事は取れるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2017/03/04 07:00)

週に何回来ているんだろう? 高橋 昌也 - 税理士(2017/03/03 07:00)