男性では理解しきれない女性の「職場の悩み」 - 組織改善・風土改革 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

男性では理解しきれない女性の「職場の悩み」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 組織改善・風土改革
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

 日本産業カウンセラー協会が「働く人の電話相談室」で受け付けた相談のうち、約6割が女性からのもので、悩みを抱える人が男性の2倍以上に上るのだそうです。

 

 また、相談があった悩みの3割は「職場の悩み」で、そのうち4割は「人間関係」、さらにここに「パワハラ」や「いじめ」といったものまで含めると、7割近くが「同僚」や「上司」との人間関係に関わるものだそうです。

 

 女性の方が周囲との人間関係に敏感で、なおかつ繊細ということが言えるのかもしれませんが、私の経験の中でも、男性である私には、ちょっと理解しきれないというようなことは、今まで何度かありました。

 

 例えば、ある会社の女性社員から、「○○さんが視界に入って目障りで仕事がしづらいので、席替えをするように会社に伝えて欲しい」と言われたことがあります。

 その時私は、あまりに大人げないと感じて、少し不機嫌な思いを持ちながら、「そんな子供っぽい個人的な感情には、会社としては対応できないでしょう」と伝えましたが、本人はきわめて真顔の本気でしたから、こういう要望を出すことは、彼女にとっては当然の行動だったのだと思います。

 

 これは極端な例なのかもしれませんが、働く女性から聞く話では、男性同士ではあまり無い、女性特有といっても良いような人間関係に関することをときどき耳にします。

 

 先日は、普段いつも車を使って移動している知人の女性が、勤めているパート先だけは自転車で行くので、その理由を聞いてもみると、現場を仕切っている古株の女性パート数人が、数少ない駐車場を占有しているので、他の人は車では通えないのだそうです。不満はあってもとても言い出せる雰囲気ではないそうです。

 

 またある会社では、勤務態度も良く評価も高い女性社員が急に退職したいというので、その理由を聞くと、ある同僚女性と一緒に働くことが嫌だと言います。くわしく聞いても仕事を辞めるほどのことはないように感じましたが、本人にとっては大問題のようでした。配置換えを打診しても、そもそも視界に入ってくることが耐えられないので、無理なのだそうです。

 他にも、一緒に働く女性同士の人間関係を理由にして、転職を考えたり異動を希望したり、産休からの復職を躊躇するような人がいるという話は、よく聞いていたことです。

 

 男性にとっては小さなこと、些細なように思うこと、男の目線で見ると「感情的」「わがまま」「自分勝手」と見えてしまうことでも、女性にとってはかなり深刻な場合があります。

 

 女性の活躍を考える中では、こんな女性ならではの問題にも注意を払い、環境作りをする必要があるのだと思います。

 多くの会社では、管理職の男性比率がまだまだ高いですから、女性特有の悩みには気づかないことが多いでしょうし、もし気づいたとしても、取るに足らない些細なこと、自分勝手なわがままこととして扱っているのではないでしょうか。

 

 女性活躍のための環境作りは、配偶者控除のような税制や、管理職の女性比率、出産・育児に対する支援などの話が大きく取り上げられています。これらの施策も重要とは思いますが、どれも男性的な発想が強い中で組み立てられたもののような感じがします。

 実際の現場を見ていると、実は職場の小さな人間関係をどうにかすることの方が、当事者である女性にとっては大事なのではないでしょうか。

 

 私も男ですから、こういう女性の気持ちは正直理解しきれないところがあります。しかしこのあたりは、円滑な組織運営という目的のために、男性の立場であっても、理解するように心がける必要があるのだと思います。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

料金
6,000円

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みについては、当事者しかわからない事情とともに、当事者であるために気づきづらい事もあります。これまでのコンサルティングで、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見た経験から、会社状況に合わせた原因分析、対策をアドバイスします。(同テーマのメール相談を、より詳細に行うための対面相談です)

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

このコラムに類似したコラム

意識していなければ見間違う他人同士の人間関係 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2017/07/04 08:00)

「面談の仕方がわからない」というマネージャーの悩み 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2017/06/27 08:00)

「管理職になりたくない」はそんなにダメか? 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2017/05/16 08:00)

現代の「上下関係」は“命令と服従”でなく“相手への敬意”という話 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2017/04/11 08:00)

人は「注目されるとやる気が出る」という話 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2017/02/07 08:00)