「社債金利も過去最低へ!」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「社債金利も過去最低へ!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
お金の基本

こんにちは!

さて、2015年度の国内企業が発行する

「社債の発行条件」をまとめたところ、

平均利率“0.5%”と過去最低を更新したとのことです。

逆に償還までの期間は、

平均11年8か月と過去最長になりました。

 

ちなみに、2014年度は、

社債発行時の利率は平均0.83%、

償還までの期間は7年4か月でした。

この一年間で、平均利率は約0.3%低下し、

期間は4年以上長くなったことになります。

 

長い期間お金を借りても、

安い金利で借りられるということです。

日銀の金利引き下げの影響が、

社債市場にも表れてきたといえるでしょう。

 

金利負担が減少したため、通常は、

社債の発行額は上昇すると考えたいところですが、

実は2015年度の社債発行額は、約6兆9400億円と、

前年から2割も減少し、9年ぶりの低水準となっています。

 

大手企業の内部留保も今までになく潤沢にある中、

資金需要が伸び悩んでいるのが現状のようです。

政府や日銀の思惑通りには、なかなか進みませんが、

需要がないところにお金をかけるわけにもいきません。

 

「需要の創造」

 

これは私が経営コンサルタントになった時に、

企業の役割として教えられた言葉です。

民間企業のアイデア、知恵、そして創造力で、

日本経済を活力あるものにしたいものです。

 

それでは、今週も、穏やかな週末をお過ごしください!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

日本の20年度財政黒字化困難で、外貨資産保有割合の見直しを 久保 逸郎 - 老後のお金の不安解消アドバイザー(2017/01/27 18:39)

「銀行預金、過去最高の伸び!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/01/27 11:21)

「世界の社債発行額、過去最高に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/11/11 11:44)

「日本の対外純資産が減少!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/06/17 15:49)

「予想価格75億円のダイヤモンド」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/05/13 15:18)