「公的年金受給総額 過去最高!」 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「公的年金受給総額 過去最高!」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
お金の基本

こんにちは!

さて先般、厚生労働省より、

2014年度の高齢者などが受給した公的年金の総額が発表されました。

それによると、年金総額は53兆4000億円で、

前年度1.1%増加し、過去最高額となりました。

 

いわゆる公的年金には、国民年金、厚生年金、

共済組合、福祉年金の4つがありますが、

受給者総数は6988万人と、前年比2.8%増加しました。

一方、保険料を負担する公的年金の加入者は、

6713万人で0.1%の減少となっています。

 

また、2014年度の一人当たりの支給額は、

国民年金で54000円、厚生年金で148000円となっています。

2014年度は、運用環境が好調だったため、

公的年金の運用残高は、前年度より10兆円増加し、

136兆7000億円の残高でした。

ただ昨年は、年後半からの株式市場などの低迷により、

運用はマイナスとみられています。

 

上記をみても、

すでに保険料負担者を受給者が上回っているのが現状です。

日本の人口統計を観る限り、今後、受給者は毎年増え続け、

逆に保険料負担者は減少していくこととなります。

世界最大のファンドと言われる日本の公的年金ですが、

受給総額の上昇に加え、運用面でのマイナスが続くようであれば、

後からボディブローのように効いてきます。

これ以上税金を投入してカバーすることは、

日本の財政状況からも困難であり、

“公的年金の枯渇化”が現実味を帯びる可能性もあります。

 

解決策としては、

「受給と負担のバランスを整える=受給の減額+負担の増加」

しか考えられません。

従って、若年層、高齢層、どちらにとっても、

“痛み”を伴う改革が待ったなしの状況なのです。

 

そしてこの状況に、国民として対応する手段は、

限られています。

それは、公的年金頼みでなく、「自分年金」で備えることです。

 

今のうちに、確定拠出年金やNISAなど公的制度を利用すると共に、

個人年金保険や資産運用に、一日も早く取り組むしかありません。

 

いつもながら、

「備えあれば憂いなし」ということです。

そして、

「思い立ったが吉日」です。

 

それでは、今週末も、世界が平和で穏やかでありますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

シルバー世代の小遣い30年前より少なく 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/17 15:03)

『老後の備え不足』6割超 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2014/06/06 09:42)

高齢者世代は、経済的強者!!! データからみる経済的な豊かさ 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/26 16:00)

あなたは退職後の生活大丈夫? 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/31 16:40)

インフレ率2%の家計への影響。35年後の物価、給与、年金受給額等 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/28 10:00)