食べて痩せる!の基礎知識 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー
080-3426-1039
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

食べて痩せる!の基礎知識

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

よく聞く食べて痩せる!

ん?食べたらカロリー摂るから太るんじゃない?

これはカロリーの固定観念があるから感じること。

栄養素の1gあたりのカロリーは
○炭水化物4kcal
○脂質9kcal
○たんぱく質4kcal

これはあなたもご存知ですね。

しかし、栄養素のカロリーと
体内で使われるカロリーには誤差があります。

これは1日の消費カロリーの10%を占める
食事誘発性体熱産生
という代謝が関係しています。

例えば
500kcalの食事をすると
10%ほどのカロリーは熱として消費されます。

食事をすると
首や背中、脇が熱くなることありませんか?
それは、身体がカロリーを無駄遣いしているからです。

ダイエット中の方には使わない手はありませんね。

体内での熱として消費されるカロリーは
各栄養素によって異なります。

炭水化物6%
脂質4%
たんぱく質30%

これを栄養素のカロリーで見比べると
○炭水化物4kcal→3.76kcal
○脂質9kcal→8.64kcal
○たんぱく質4kcal→2.80kcal

体内で使われるカロリーは
熱として消費される分を引くとこのようになります。

極端に
1日1000kcalの食事を
一つの栄養素だけで摂った場合

炭水化物のみ940kcal
脂質のみ960kcal
たんぱく質のみ700kcal

が体内で使われるカロリーとなります。

これだけ見ると、
たんぱく質だけ摂れば!

と思われますが、
脂肪の代謝、ホルモンの生成、基礎代謝の向上等には
必ず糖質も脂質も必要になります。

これらは個々の目的に合わせて
組み合わせる必要がありますが、
まずは基本として
あなたの知識にしてください。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

080-3426-1039
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

カラダの中心部分の脂肪。 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2016/05/04 13:00)

筋肉が増えると体重は増える 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/12/26 15:00)

ここぞ! 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/12/09 10:00)

いかにもやりそうなこと全て! 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/11/19 21:00)

食べて痩せる!の基礎知識 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/10/28 11:00)