「国の借金額、ついに1053兆円に!」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「国の借金額、ついに1053兆円に!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
お金の基本

こんにちは!   

さて、毎年この時期になると、前年度末の「国の借金額」が明らかになります。

2014年度末時点の国の借金額は、ついに“1053兆円3572億円”まで膨らみました。

前年度に比べ、28兆4003億円増加した計算です。

これは率にして2.77%ですが、資産運用ならいざしらず、まさに借金が“雪だるま式”に増え続け、

確実に「過去最大の借金額」を更新し続けています。

 

内訳は、前年比27兆7211億円増加した国債残高が、881兆4847億円に。

その他、政府短期証券が116兆8883億円、借入金が54兆9841億円となっています。

 

この借金額を、日本の人口1億2691万人で単純に割り算すると、国民一人当たりの借金額は、

前年から約22万円増加して、“約830万円”となります。

このままいけば、来年は、850万円を超えそうです。

※年収なら上昇は嬉しいですが。。。

 

そして、これだけ国債の発行、国の借金が増加しているにも関わらず、

“金利上昇”とならない理由は、中央銀行である日銀が、市場の国債を根こそぎ買いあさっているからです。

日銀は、年間80兆円にも上る国債残高を積み増す目標設定をしています。

ちなみに、2015年度に発行が予定されている新規国債は37兆円ですので、その額が異常な大きさ、

まさに“異次元の金融策”であることが分かると思います。

 

果たして、日本の金融緩和策の“出口”には、いったい何が待っているのでしょうか!?

日本にとって、とても大事なことですが、誰も「明確な答え」を持ち合わせていないのが現実だと思います。

 

まさに、“ラビリンス(迷宮)”に迷い込んでしまったかのようです。

「坐して答えが出るのを待つか」

「自分で答えを考え備えるのか」

あなたは、どちらを選びますか!?

 

いずれにしても、そう遠くない将来、

「答え」が出ることになります。

 

それでは、今週末も平和で穏やかな日々となりますように!

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

「一人当たり818万円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/08/15 12:53)

「超長期国債発行増の潜在リスク」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/11/18 11:41)

日銀が国債を買占めるとどうなるか 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2015/10/31 15:46)

「ゆうちょ銀行、上場へ!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/10/23 16:51)

「世界の経済成長率3.5%」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/05/08 17:20)