「世界の株式時価総額、9000兆円に!」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「世界の株式時価総額、9000兆円に!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
お金の基本

こんにちは!   

さて、最近の好調な株式市場を背景に、今年4月末時点の世界の株式時価総額が、

約75兆ドル(約9000兆円)となり、過去最高を更新しました。

 

振り返れば、金融危機前の2007年10月時点において、

株式時価総額は64兆ドルと当時の最高額まで膨らんでいました。

しかし、その後の金融危機で大きく株価は下がり、長らく低迷が続くこととなります。

 

それが、今回10兆ドルをも上回る水準にまで、時価総額は上昇しました。

ただ正直言って、個人的には“当時の過熱感”を感じることができません。

それはたぶん、新しい産業や個別企業の業績というよりは、世界的な金融緩和策により、

“余剰マネー”によって形成された「相場」だからかもしれません。

 

75兆ドルと言えば、“世界のGDP”とほぼ同じ規模の金額です。

過去のバブル時も、GDPを上回る水準にまで、時価総額が膨らんでいました。

 

果たして、今後、株価水準はどうなっていくのでしょうか?

 

しっかりとウォッチしておく必要がありそうです。

 

それでは、今週も穏やかな日々をお過ごしください!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

「超長期国債発行増の潜在リスク」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/11/18 11:41)

リスクオフ局面で、円が買われる理由 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2016/07/15 18:58)

「FX取引 5524兆円に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/05/20 12:00)

「日銀の利息収入、過去最高!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/12/04 10:40)

日銀が国債を買占めるとどうなるか 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2015/10/31 15:46)