生前の話し合い - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生前の話し合い

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はいい石の日です。
質の良い石を掘り出すのは中々大変なのだそうですね。

相続について、民法等の観点からお話をしています。
遺言書に続き、生命保険を遺産受取人の指定方法として紹介しました。

更にシンプルな方法として。
自分が死ぬ前、生前にしっかりと話し合っておくという方法について。

これ、実は一番シンプルでかつ一番大切な方法だと考えています。
人間、中々自分が死ぬときのことは想像できないものです。
それに親族も死んだ後のことなどを考えるのは不吉で不謹慎だという勘定が支配的です。

しかしながら、人間にとってただひとつ確実なのは、いずれ死ぬというただこの一つだけです。
しかも、想像もしていなかったタイミングで死を迎えることも決して珍しくありません。
この点を考慮すると、自分の死についてはむしろ積極的に考えるべきなのでは?とすら思います。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

感情的な面での平等感を持つこと 高橋 昌也 - 税理士(2014/11/17 07:00)

争続を避けるため 高橋 昌也 - 税理士(2014/11/15 10:00)

保険は納税資金や分割方法として活用されることもある 高橋 昌也 - 税理士(2014/11/13 07:00)

生命保険も一つの指名方法 高橋 昌也 - 税理士(2014/11/11 07:00)

亡くなられる人の遺志を表明する方法 高橋 昌也 - 税理士(2014/11/04 07:00)