バイオスイングダイナミック理論&ピラティスレッスン - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

バイオスイングダイナミック理論&ピラティスレッスン

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
ゴルフピラティス&ゴルフレッスン

こんにちは。体幹トレーニングの「ゴルコア」(港区芝大門/浜松町)代表/ゴルフピラティス&ピラティスインストラクターの太田です。


先日、アメリカのトッププロたちがみんな学んでいる「バイオスイング・ダイナミック理論」とピラティスのコラボレッスンが開催されました。

「バイオスイング・ダイナミック理論」はバイオメカニズムに基づいたスイング理論で、昔のようにスイングはこうあるべきという方にはまったものではなく、その人のカラダの動きや骨格その他を分析したうえで、それにあった効率よいスイングをするというもの。

なので、身体の使い方によってスイングもいくつかのパターンに分かれるというのです。


例えば、御参加者の皆さんのスイングパス(前腕・肘の使い方)は・・・


アンダー

アンダーとサイドオンの中間


サイドオン


アンダー


いかがでしょうか?

みなさん、それぞれ違いますよね。


この腕の使い方によって、インパクト~フォロー、フィニッシュまでの腕の使い方、頭の位置やフィニッシュのとり方が3種類に分かれます。

昔なら、インパクトはこの形、頭は動かさない、フィニッシュはここの位置、等々

と決まっていましたが、サイドオンの人たちはインパクト以降は頭を上げていく方がうまく身体を使えたりするのです。

無理に頭を下げている必要なないんです。


窮屈なスイングはしなくてよいということ、のびのびと気持ちよくクラブを振っていくことを理想としています。


ゴルフスイングもどんどん進化しています。もっと自由に、そして自分のカラダにフォーカスしてゴルフスイングをしてみましょう!


コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX:03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

Blog:ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』

このコラムに類似したコラム

ゴルフサイト「CURUCURU」新コラム-【冬ゴルフの体づくり★ 脇腹編 】-代謝アップも! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2015/02/07 18:33)

ゴルフサイト「CURUCURU」新コラム-【冬ゴルフの体づくり★ 脇腹編 】-くびれアップも! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2015/01/31 14:18)

「CURUCURU」新コラム-【冬ゴルフの体づくり★ お腹 編 1】 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2015/01/17 00:18)

ゴルフピラティスWS-ゴルフスイングの基礎 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2015/01/11 21:46)

今年一年ありがとうございました!2015年もよろしくお願いいたします!! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/12/30 20:10)