会社と応募者の相互理解不足の害 - 人材採用全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材採用

中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社と応募者の相互理解不足の害

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材採用
  3. 人材採用全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

 経営者や人事担当の方々は、せっかく苦労して採用した社員が、短期間ですぐに辞めてしまったという経験をお持ちだと思います。

 

 この大きな原因の一つは、採用時の会社理解の行き違いです。応募者から見れば「初めの話と違う」「思っていたのと違う」ということ、会社からすれば、「もっとできると思っていたのに」「期待はずれだった」などという例がこれに当たります。

 

 会社と応募者それぞれの理解不足ですから、当然双方に問題があります。ただそうは言っても、採用活動の主導権は、一般的に会社側にある場合がほとんどですから、応募者の努力にはおのずと限界があります。

 早期退職に至ってしまうようなミスマッチの原因は、どちらかといえば会社側の情報提供のしかたに問題のあることが多いと感じます。

 

 例えば、「こんな事を知ったら辞退されてしまうのではないか」と、現実をはっきり伝えなかったり、入社の直前直後に状況が変わって、当初の約束と話が違ってしまったり、伝えるべき事項を認識していなかったり、そもそも情報提供の意識が希薄で、純粋に意思疎通が不足している場合などがあります。

 

 いくら言いづらいといっても、肝心なことを隠すのは、後から問題になるに決まっていますし、様々な事情で最初の話と違ってしまったというような場合も、事前に状況変化の可能性を伝えておくことや、話が変わった段階で速やかに誠意を持って話し合うことなどが必要でしょう。

 

 伝えるべき事項を認識していない、意識が希薄というのは、悪気がないためさらに問題で、これは逆の立場でいえば「応募書類が整っていない応募者」と同じことになります。

 自分のことをきちんと伝えようとしない応募者を採用したいと思う会社はないでしょうが、これは応募者側から見ても同じことになります。自社の情報を積極的に提示しようとしない会社には、あまり信頼感が持てないでしょう。

 

 また、「期待はずれだった」というような会社側から見たミスマッチも、情報提供不足が関係しています。

 応募者からすれば、自分にやっていけそうもない仕事、合わなそうな会社に入社しようと思わないのは当然で、入社するということは、少なくとも自分ではやっていけると判断したということです。

 

 その応募者を採用するか否かは、会社側が面接などの選考によって決めることではありますが、もしも会社側がしっかり情報提供をして、お互い会社理解での行き違いを極力少なくできていたとすれば、採用基準に合わない応募者は、たぶん自分の方から辞退していくはずです。自分のことは自分が一番わかっているという面があります。

 

 早期の退職者が出たり、能力の見込み違いがあったりすると、それを事前にどうやって見極めるかという議論になりがちですが、実際の採用活動は、お互いに選び選ばれるという行為です。

 

 いかに応募者を選ぶかということばかりでなく、自分たちのことをより知ってもらおうと努力すれば、「早期退職」も「期待はずれ」もずいぶん少なくなるのではないかと思います。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

「余裕」と「ムダ」の境目(2016/09/13 08:09)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

中小法人限定で当事者には気づきづらい組織課題を社員ヒアリングで診断。自社の組織改善に活かして下さい。

料金
無料

組織の課題は、当事者しかわからない事とともに、当事者であるために気づきづらい事があります。これまでの組織コンサルティングで、様々な組織課題とその改善プロセスにかかわった経験から、貴社社員へのヒアリング調査によって組織課題を明らかにし、その原因分析や対策をアドバイスします。予算がない、依頼先を見つけられないなど、社外への依頼が難しい中小法人限定です。社員ヒアリングのみで行う簡易診断になります。

【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

このコラムに類似したコラム

完全失業率3.0% 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2016/12/02 21:00)

有効求人倍率また上昇 高水準 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2016/12/01 20:00)

留学生採用へ 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2016/11/30 20:00)

留学生採用 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2016/11/29 20:00)

東京へ転入する企業が増大 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2016/11/28 20:00)