日経平均と比較して自身の投資成績を確認 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
神奈川県
ファイナンシャルプランナー
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経平均と比較して自身の投資成績を確認

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
資産運用 金融資産運用・投資

日経平均と比較する

2014年、日本の株式市場は中々難しい展開が続いています。

日本株への投資として投資信託やETFなどを活用し

「日経平均」「TOPIX」「JPX400」などに手軽に投資できます。

上記の指数などの場合は多くの会社の株価から決まりますから

「日本株に分散投資」しているようなものです。


個別株式

株主優待や配当金など企業によりことなるものを期待し、個別の会社の株式を

購入する時は、株価の推移を日経平均などと比較しておくことをお勧めします。


下図は日経平均と有名な企業の株式を2014年初から比較したものです。


黒い太線が日経平均で全体の概ね中心を推移しているのがわかると

思います。リスクを負わず平均点で良ければ「日経平均」などの

指数で投資をすることが無難かもしれません。


投資先により2分化

7月17日現在では年初から投資した場合に日経平均を上回った企業が

4社、下回った企業が4社となりました。


建設・食品・商社などが「日経平均に比べて」好調であったとみてとれます。

一方で銀行や内需関連が不調でした。


個別の企業に投資することにおいて企業の業績などのリスクを負います。

ですので「日経平均を上回る」ことは企業独自のリスクを負う以上は当たり前のことになります。


ご自身が保有している株式を日経平均と比較してどうなのか?

一度確認してみると本当のパフォーマンスがわかると思います。

確認のポイントは購入した時からの騰落を比較すると良いでしょう。




カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役

理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

「住まいと暮らしに新発想」をテーマにお客様に様々な選択肢を提供しております。お客様により「理想」は違います。実経験を基に「不動産・相続」等の難しい問題から、知って得する「ライフプラン・保険」情報まで幅広くアドバイス・問題解決させて頂きます。

044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「資産運用」のコラム

2014年 金融市場動向(2014/01/25 16:01)

日経平均下値の目処は?(2013/06/06 17:06)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 しっかり解る!確定拠出年金の「制度・運用レッスン」

~投資のリスクをしっかりと理解、確定拠出年金の制度をしっかり使いきろう~

料金
3,000円

企業の導入が加速する「確定拠出年金」
年金は現在65歳からの支給ですが、今後は67歳、68歳に延びる可能性も示唆
され始めており、企業も「退職金」を「確定拠出年金」へという流れです。

メリットである「運用」をしっかりと使うことで年金を増やすことも可能です。
しかし投資の要素が必要不可欠なのも事実です。掛け金に働いてもらい自分の
年金を方法を学んでみませんか?

しっかり解る!確定拠出年金の「制度・運用レッスン」

このコラムに類似したコラム

日本株式への新投資「JPX400」を検証 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2014/02/21 15:48)

資産運用、NISA口座は購入する銘柄を選んでから申し込むのがポイント 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/11/15 17:00)

投資信託 分散投資でリスクを減らす① 佐々木 保幸 - 税理士(2013/01/15 16:00)

「世界の上場投信(ETF)の残高最高!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/11/24 17:30)