「世界の上場投信(ETF)の残高最高!」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「世界の上場投信(ETF)の残高最高!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
よもやまブログ

こんにちは!

さて、世界の上場投資信託(ETF)の9月末の純資産残高が1.84兆ドル(約150兆円)と過去最高になったことがわかりました。

 

これは、20011年末の残高と比較して、21%増となっています。

ETFは、投資信託に比べ、手数料が割安であると共に、株式同様、流動性が高く、市場で換金しやすい特徴があります。

 

アメリカの大手運用会社ブラックロックの調査によれば、今年の1-9月の資金流入額は1826億ドル(約15兆円)、また商品数は4748本となっています。

 

投資対象としては、米国株への拡大が続いているほか、新興国、そして債券を対象としたETFにも資金流入が続いています。

 

一方、国内に目を移すと、日本での個人投資家の利用度はまだまだ低いのが現状です。

昨年12月末の純資産額は、2兆700億円程度の規模にしかなっていません。

 

ただ、ここにきて、日本の保険会社や地銀などの機関投資家は、ETFを用いた国際分散投資に、数百億円単位の運用を開始しています。

 

透明性、流動性が高い金融商品の為、個人投資家にもメリットが大きいと言える商品ですが、伸び悩んでいる理由がいくつかあります。

 

一つには、国内ETF市場の出来高が小さいこと。また、株式同様、時々刻々に価格変動があること。投資信託に比べ、市場動向に合わせて、売買のタイミングを決めなければならないこと(投資判断)などです。

 

従って、商品性は投資信託に近いといえますが、実際の取引は、現在の株取引と同じく「買って、黙って保有する」というだけでは勝つことはできません。

 

では、個人投資家はどのように対応すればよいのでしょうか!?

 

実際に、成功している人の例をみてみると、

1.      出来高、本数が多いニューヨーク市場のETFを用いている

2.      あまり投資対象が狭いETFではなく、先進国、新興国の株式、債券、REITなどの指数に連動するETFに分散投資を行っている

3.      株式同様、売買のルール(利益確定、損切り、組み換えなど)を明確にしている

の3点が挙げられます。

 

逆にいうと、上記3点が持てないため、利用者が増えないということも言えるのでしょう・・・

 

あとは、自分でできない場合は、きちんとサポートできるアドバイザーを用いる方法もあります。

 

私の会社でも、現在、ETFの「モデル・ポートフォリオ」の試験運用を行っています。まずまず順調な運用結果となっていますので、また別の機会にご紹介したいと思います。

 

ETFに限らずですが、「自分の資産運用の為に時間が取れない方」は、是非、きちんとしたプロに託すことを考えられたほうが良いでしょう。

 

私自身も、昔は、自分で株や先物のトレーディングを行ってきましたが、自分の仕事やプライベートがある中、常時(仕事の合間合間に)マーケットを観て、勝ち続けることは無理だと気付きました。

 

人間、一番効率の高い「収益を上げる方法」は、最も自分の得意分野で、収益性の高い仕事で稼ぐことです。

いわゆる“本業”というやつですね。

これしかありません。

 

逆にそれ以外のことは、なるべく、その道のプロに託したほうが“成功の確率”が高くなるということだと思います。

 

最近、特に“実感”です。

 

では、今週末も、穏やかな日でありますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

プレスリリース「投信-PMS® ETF+」サービス開始! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/07/18 16:09)

資産配分後の外国株式の分散投資の方法 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/24 16:00)

資産配分を決めてからポートフォリオの検討へ(国内株式等) 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/22 16:00)

投資 基礎知識 ポートフォリオ作りは投資信託を利用しよう 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/09 16:00)

投資信託の流れ 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/05/13 14:57)