日本株ポートフォリオに国内債券を加える - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本株ポートフォリオに国内債券を加える

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
資産運用の原則 資産配分(アセットアロケーション)
前回は、短期金融資産と日本株式で構成するポートフォリオのリターンとリスクについて、説明を致しました。50:50の資産配分の場合で、期待リターンは3.6%でリスク(標準偏差)は10.3%でした。かなりなリスクになります。

このポートフォリオのリスクを抑えるには、短期金融資産の比率を増やし、日本株の割合を低くすることになります。また、期待リターンを挙げるには、短期金融資産を減らし、日本株式を増やさなければなりません。

ところで、読者の皆様は相関という言葉を知っていらっしゃいますでしょうか。

相関とは、2つのデータの一方が変わると他方も変化する関係を言います。
例えば、図のように体重が増加すると、ウエストも伸びるような関係を「相関が高い」と称します。

140528相関イメージ図

2つの数値が、どの程度どの方向に動くのか?
同じ方向に変動することを プラス(正)の相関
逆の方向に変動することを マイナス(負)の相関
そしてどちらでもないことを無相関といい-1から+1の数値で表します。
-1< 相関係数 >+1 片方が1動くともう一方が逆に0.8動くのであれば-0.8とし、同じ方向に0.9動くのであれば、+0.9となります。

実は、通常は株価の動きと債券の価格の動きは図のように逆相関になります。
ただし、現在は日本銀行が異次元の金融緩和を行っていますので、株価が上がっても、債券の価格は下がらず(金利は上昇)、高値(低金利)が維持されています。
しかしながら,この不安定な状況は維持できず、いずれは相関関係に戻らざるを得ません。

140528株式と債券の相関のイメージ

そこで、短期金融資産と日本株式のポートフォリオに、日本債券を加え、短期金融資産34%、日本株33%、日本債券33%の資産配分で、ポートフォリオを作成すると、この場合の期待リターンは期待リターンは2.6%に下がりますが、リスク(標準偏差)が6.9%に抑えられます。
期待リターンは、1.0%下がりましたが、リスクは3.6%も下がりました。
短期金融資産と日本株式のポートフォリオでは、最悪の場合、-17.0%の損失が出ますが、そこに日本債券を加えた当該ポートフォリオは、最悪ケースで-11.2%の損失に下がります。
(当該数値は、私が保有しているイボットソンアソシエイションジャパン社のFP PoPSで試算しています)

このように、資産配分を変えることで、期待リターンと、リスクが変化します。
株式だけに投資されている方は、債券への投資をお考えください。


FP学会会員
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー
オフィス マイ エフ・ピー 代表 吉野 充巨

FPプラス投資助言で人生設計から資産形成まで一貫してサポート
保険や投資信託を販売しないファイナンシャル・プランニングの専門家。
あなたのセカンドライフ・プランに適した期待リターンとリスク許容度で資産配分とポートフォリオ構築をあなたに適した口座の開設から銘柄選定までサポートします。

【保有資格】
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP®
日本証券アナリスト協会認定 プライマリー プライベート・バンカー

『このコラムは、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべて読者・ご相談者ご自身に帰属いたします。投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者・相談者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「資産運用の原則」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

料金
20,000円

様々な実証研究によれば、資産運用の成果の91%は資産配分(アセットアロケーション)によって決まると報告されています。
あなたのリスク許容度に応じた資産配分や、期待するリターン等による資産配分を測ってみませんか。
明日からの資産運用に役立ちます。

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

このコラムに類似したコラム

日経平均と比較して自身の投資成績を確認 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2014/07/18 18:04)

投資信託 分散投資でリスクを減らす① 佐々木 保幸 - 税理士(2013/01/15 16:00)

英米独の株価と金利動向(国債価格)に付いて 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/03 09:00)

必要運用利回りとリスク許容度で資産配分を考えましょう 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/04 18:07)