「ヘッジファンドの残高が急増!」 - 海外ファンド・海外直接投資 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ヘッジファンドの残高が急増!」

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 海外ファンド・海外直接投資
資産運用

こんにちは!

ゴールデンウィークも終わり、ここしばらくは、過ごしやすい季節が続きそうです。

 

さて、世界の金融市場では、このところ“余剰マネー”がヘッジファンドの資産残高を押し上げています。

アメリカの調査会社の発表によれば、20143月末の世界のヘッジファンドの残高は、27016億ドル(約275兆円)に達したとしています。

これは、リーマンショックのあった2008年末の約2倍に当たり、過去最高額を更新しました。

 

ヘッジファンドには様々なタイプ(戦略)のものがあり、中にはその不透明性から問題となったファンドもありましたが、それでも、なぜこれだけ資金流入が続くのでしょうか!?

 

その要因としては、“余剰マネーの増加”と“変化に対応できる運用スタイル”があると考えられます。

欧米先進国を中心に、長引く金融緩和策の中、実体経済で使われない余剰マネーが市場には溢れており、その資金の一部が、ヘッジファンドへ流入しています。

また、機関投資家をはじめとする安定運用を目指す大量のマネーも、その運用先の一つとして、ヘッジファンドの採用を増やしていることが挙げられます。

 

投資の世界で、従来から言われてきた「株式と債券との間のマネー移動」だけでは、今のマーケットには対応できなくなりました。

世界同時「株安・債券安」もあれば、「株高・債券高」もある時代、マネーの“ポジション”をどのように取ったらよいか、プロの運用者でも迷うところです。

 

そのような中、市場の変化をうまくとらえながら、着実に収益を伸ばすヘッジファンドへ余剰マネーが向かうのは、当然の流れと言えるかもしれません。

いまやヘッジファンドを用いているのは、保険会社などの機関投資家をはじめ、年金基金、政府系ファンドに至るまで、様々なマネーが流入しています。

ただ、前述のように、ヘッジファンドには情報開示が少ないものも多く、個人が投資をする際には、その“目利き”が重要なのは言うまでもありません。

 

個人的には、今の時代、“流動性”を第一に「ポートフォリオ」を考え、その一部にヘッジファンドのような“安定性”を重視した資産を組み込むことが、「バランス」の良い運用につながるのではないかと思っています。

 

ただいずれの場合も、いきなりお薦めの金融商品を買うのではなく、まずは「プラン作成」、そして「ポートフォリオ構築」のステップを踏んでいただきたいことに変わりはありません。

個人も「資産運用」に取り組まなければならない時代となった今、とにかく計画的に取り組みたいですね。

 

では、今週も良き週末を!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「資産運用」のコラム

「FX取引 5524兆円に!」(2016/05/20 12:05)

このコラムに類似したコラム

「株式投資信託への資金流入進む!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/03/22 13:07)

個人マネー、投信、そして外貨へ! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2011/04/22 21:26)

ポートフォリオにおける日本株の分散について考える 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/07 18:34)

マイファンドレポート 2015年2月確報 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/03/06 14:40)

マイファンドレポート8月 当月の収益率は1.51%、年初来で2.86% 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2014/09/16 17:34)