会社側に利益を残すほうが得なことも - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社側に利益を残すほうが得なことも

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、ひな祭り、我が家には縁遠く。
男の子3人は、中々賑やかでございます。

個人事業主と法人の違いについて書いています。
役員報酬の設定において、税負担を如何に減らすかは大切なポイントです。

昨日は100全額を個人に渡すパターンを考えてみました。
次に半分ずつ分けてみます。

法人の利益:50 法人の税金:18
個人の利益:50 個人の税金等:17

これまたあくまで数字は過程です。
しかし、実態にはある程度近い数字を設定しています。

昨日の全額個人に渡すケースでは税金等の負担が全体で40でした。
それが今日のパターンでは35に減っています。

中小零細企業において、会社の財布は結局社長の財布です。
つまり、大切なのは

・会社と個人の合計でいくらの税金等を負担しなければならないのか?

ということになります。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

長い目でみたときの法人活用 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/08 07:00)

会社と個人での税負担がどうなるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/02 07:00)

倒産原因の多くはゼイタク 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/01 07:00)

法人は何をやっても事業 高橋 昌也 - 税理士(2014/02/23 07:00)