「仕組みが変えられない」といういろいろな理由 - 人事労務・組織全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

羽田 未希
(社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「仕組みが変えられない」といういろいろな理由

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事労務・組織全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

 

 ある上場企業の人事の方と情報交換をさせていただいた中で、その会社の人事制度の話題になりました。

 

 全面改定してから数年たち、当初のコンセプトからずれてきていることがいろいろあるそうです。制度見直しや改訂が必要になってきているとのことですが、「実はそう簡単には制度を変えられないんです」とおっしゃいます。

 

 よくよくうかがうと、グループ内の子会社が社内システムの開発、運用、保守を行っているそうですが、人事系のシステムは何かと使い勝手が悪く、小手先のつぎはぎでいろいろアレンジしているのだそうです。

 そんな中で人事制度を改訂するとなると、いよいよ小手先の対応では立ち行かなくなってシステム変更が必要になるが、そのコストがあまりに膨大になることが明らかであるため、簡単には手をつけられないのだそうです。人事制度上の課題はある程度明らかで、やりたいことの方向性ははっきりしているが、社内システムとの兼ね合いでそれができないとのことでした。

 

 「人事制度を主幹する立場としては困りますね・・・」と同情するしかありませんでしたが、企業規模がそれなりに大きくて、社内のIT化が進んでいるような企業であればあるほど、人事制度に限らずこんな悩みがあると聞きます。応用が利かない仕組みにも大きな問題があると思いますが、すべての業務を把握しているわけではないそれぞれの担当者が、そこまで何でも見通して対応するのが難しいことも確かです。

 

 これを解決しようとすると、どうやって経営陣を納得させるか、どうやって予算を取るかなど、社内の政治的な話になってしまい、課題解決の必要性とか、本来あるべき姿がどうかというような話ではなくなってしまいます。

 

 中小企業で人事制度を扱う場合、こんな制約にハマることはめったにありませんが、企業のステージが違うと悩みどころも違うものです。

 できることなら、あまりこういう状況にはならないようにしたいものですし、部門間のコミュニケーションが取れていて、このような形にはならない企業が、本当に力がある企業なのかもしれないと思います。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

「余裕」と「ムダ」の境目(2016/09/13 08:09)

このコラムに類似したコラム

最適な仕組みは常に変化する 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/06/07 08:00)

企業人事では大切な「隣の芝生が見たい」という要望 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2014/12/16 08:00)

年金の制度について① 三井 倫実 - 社会保険労務士(2013/11/01 14:09)

若者の離職率 三井 倫実 - 社会保険労務士(2013/10/29 17:00)

「望ましい人材像」と「食い違う社風」 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2012/07/30 08:00)