再度再度確認、会計は過去のことを記録した資料 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年06月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

再度再度確認、会計は過去のことを記録した資料

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は骨の日です。
最近、身体操作における骨意識の重要性を再確認しているところです。

会計帳簿について色々と書いてきました。
ここで会計帳簿に対する正しい期待について確認します。

まず再確認の更なる再確認です。
それくらい何度でも確認しておきたい重要な点です。

それは

「会計帳簿は過去の活動を数字と文章を使って記録したもの」

であるということです。
一般的には数字が中心ですが、最近では言語情報の重要性も改めて主張されるようになりました。
会計の制度がどのように変遷していこうとも、この前提だけは変わることがありません。

この会計の意義から、事業に役立てる方向性が定まってきます。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

お仕事と人(2017/02/27 07:02)

人と道具(2017/02/25 07:02)

向いていない人はいる(2017/02/24 07:02)

関わる人が多いと大変(2017/02/23 07:02)

このコラムに類似したコラム

突然資産が増えたり、資産がゴミになったり 高橋 昌也 - 税理士(2013/12/04 07:00)

細かく分ければ良いってものでも 高橋 昌也 - 税理士(2013/10/12 07:00)

方向性と程度 高橋 昌也 - 税理士(2017/05/07 07:00)

何を学ぶのか、何を学べるのか 高橋 昌也 - 税理士(2017/05/05 07:00)

会計職はなくなるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2017/02/16 07:00)