色々とある投資の判断材料 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

色々とある投資の判断材料

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は主婦休みの日です。
一人暮らし経験アリですので、一応家事の手間は知っております。

会計帳簿について書いています。
投資家が株式購入を検討するに辺りどんなものを材料にしているのか?

まず大前提を確認します。
会計帳簿というのは

・これまでの事業活動を数字の形で表したもの

つまり過去の活動記録です。
そして投資家が対象企業について何を知りたいかといえば

・これまでにどんなことをしてきたのか
・これからどんなことをしていくのか

という過去、未来の情報です。
会計帳簿は、この過去情報を提示するための資料として活用されます。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

過去の会計帳簿と未来の業績予想 高橋 昌也 - 税理士(2013/09/26 07:00)

5w1hは会計帳簿でも同じ 高橋 昌也 - 税理士(2013/11/16 07:00)

細かく分ければ良いってものでも 高橋 昌也 - 税理士(2013/10/12 07:00)

会計における言語情報の意義 高橋 昌也 - 税理士(2013/10/07 07:00)

数字で表すことのできない情報 高橋 昌也 - 税理士(2013/10/03 07:00)