間接的に指摘する - コーチング全般 - 専門家プロファイル

上前 拓也
コーチングOffice友歩 エグゼクティブ・コーチ
北海道
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

間接的に指摘する

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般

相手に「あなたのそういうところは良くないよ」と、指摘をしなければならない場面があります。

指摘をすれば、聞いてくれたり、行動を変えてくれる相手ならば問題ないのですが、中には指摘をすればするほど、反発が大きくなってしまう方もいます。

反発ばかりで一向に改善しない。
時には反発が大きすぎて、指摘する前よりも事態が悪化・・・という事もあります。
(反発する事で頭がいっぱいになって、指摘事項が頭に入らない状態)



反発はどうして起こるのでしょうか。

反発する人は、「指摘されている内容」よりも、
「自分が指摘された事による不愉快な気分」が前面に出てしまうのです。

しかし、指摘をしなければ事態が良くならない場合、
どうやって相手に伝えれば良いのでしょうか。

指摘したい内容を、相手に直接指摘するのではなく、一つの事例として
間接的に伝える。

これを実行してみてください。


例えば、大事な事をメモする習慣が無く、後で内容を忘れてしまう社員が
いたとします。

直接指摘するとなると「すぐ忘れるんだから、メモくらい取っておけよ!」と
叱るところです。

この指摘を間接的に行なうと、下記の様になります。

「こないださ、業者さんに仕入部品をたくさん頼んだんだ。いっぱいあるのに
その業者さんさ、メモ一つ取らないでさ、結局2つも間違った部品が届いたんだよ。
ひどい話だと思わない?メモするって大事だよね~。

または、事例を自分自身の出来事で表現するのもOKです。

「いや~参っちゃったよ!お客様から依頼されていた例の商品、
その場でメモを取るのすっかり忘れててさ、今日お客様から電話をいただいて
思い出してさー!危うく納期に間に合わなくなるところだったよ!
大事な事はメモを取るって大事だよね~。

このような表現で相手に伝えると、相手は直接指摘されていないので、
「メモを取る事は大事」という事実がすんなり入っていきます。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

未来の自分との約束 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2014/06/20 18:00)

自分の習慣を再確認する 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2014/02/18 15:34)

自分がどれだけ貢献出来るのか 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/08/21 16:55)

仕事がうまくいかない人たちの共通点 山内 ケイト - ビジネスコーチ(2012/03/15 22:25)

今後稼げる仕事を考える 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/02/09 00:50)