ボールを打たない練習-ゴルフピラティス編その2 - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ボールを打たない練習-ゴルフピラティス編その2

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ゴルフピラティス

こんにちは。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

先日はボールを打たない練習としてゴルフピラティスのエクササイズ「スパイラルアーチ」をご紹介させていただきました。

今日もボールを打たない練習第二弾として「ニュートラルスパインツイスト」をご紹介させていただきます。

 

「スパイラルアーチ」は胸椎回旋と、下半身の踏み込みによる地面からのエネルギーを足の裏→脚→股関節→上肢と下から順番に動かしていくというスイングの基本の動きを体に覚えさせていくことが目的でした。

 

「ニュートラルスパインツイスト」では下半身と上半身の連携の動きを覚えていきます。一緒に動くのではなく、連携させて、つまり下半身から動き始めて上半身がそれに続いて動き始めるという動きを覚えるためのエクササイズです。

 

ニュートラルスパインツイスト

1.胸の前でスモールボールを持ち、アドレスをとります。腰が反らないように腹圧を高めておきましょう。

2.息を吸って胸→肩→頭の順番で上肢を右に回旋します。時計の針で言うと8時から9時位の高さまでです。

3.息を吸って吐きながら、上肢は8時~9時の位置のまま

左かかと→左股関節の順番で先に下肢を左に移動させます。

4.さらに胸→肩(腕)→ボールの順番でインパクトの形を作ります。

5.息を吸って元の位置に戻ります。

6.ゆっくり5回。早く5回。同様に左からも行います。左からの動きは筋肉のバランスを左右対称にするためです。

 

インパクトのときには、下肢は既に左に乗っているので、お腹は左を向いていますが、胸は正面でボールを捕らえようとしています。

そのため、右腰が右肩を追い越している

これが理想です。

逆に右肩が右腰を追い越してしまっている場合は、上肢から動いてしまっています。

 

ゆっくりじっくり順番を確認しながら動かしていきましょう。

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX:03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

Blog:ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』

このコラムに類似したコラム

ボールを打たない練習-ゴルフピラティス編 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/07 00:11)

「Golf Pilates & Virtual Golf Lesson」-バランス良いフィニッシュの為のドリル 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/03/24 19:58)

継続は力なり-ボールを打たなくてもベストスコア更新!! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/07/24 13:59)

【効率的なゴルフ上達レッスン】-「ピラティス」+「ゴルフ」 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/06/10 19:11)

胸椎回旋でパッティングが安定!! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/10/31 23:38)