金融政策決定会合後の住宅ローン金利動向 - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

Office JUN 代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

金融政策決定会合後の住宅ローン金利動向

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び
相談業務 店舗タイプ

 

 黒田日銀新総裁の下で、初めて開かれた金融政策決定会合は市場予想以上の内容となり、発表の内容が伝わると同時に、円は下落、株価は上昇、債券も上昇(金利低下)と良いことづくめの展開になりました。


 当初、初めての金融政策決定会合で、どこまで踏み込んだ内容の金融緩和が出来るかを、疑問視する向きもありました。


 しかし、発表された内容は日銀が供給するお金を表す、マネタリーベースを2年で2倍に、長期国債とETF(上場投資信託)の保有額も2年で2倍に、長期国債の買い入れ額を月7兆円に増やし、買い入れる長期国債の残存期間も現在の残存期間3年から、2倍以上の7年に拡大しました。


 これらの施策は、長期国債の利回りである長期金利の低下を促し、10年物の長期金利は、4月の住宅ローン金利動向で指摘した2003年6月の0.430%を下回り、過去最低の0.425%まで低下しました。


 また20年債の利回りは1.135%、30年債の利回りは1.230%と、いずれも2003年6月以来の水準まで低下しました。


 これら超長期債の利回り低下を受けて、これに連動する超長期固定金利はさらに低下することが予想されます。


 2日に発表された、返済期間21年以上のフラット35の金利が1.800%と過去最低を更新しましたが、この流れが継続すれば、来月はさらなる低下もありうると見ています。

 

沼田 順(CFP(R)認定者・1級FP技能士、宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザー)

 

※このコラムの無断転載・引用はご遠慮願います

 

ブログメディア「BLOGOS」、「マネーの達人」

そこに参加させて頂いている、私のブログも是非ご訪問下さいませ。

住宅ローン、不動産アドバイス

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / ファイナンシャルプランナー)
Office JUN 代表

住宅金融公庫出身のFPが貴方のマイホームライフをサポート

素敵なマイホームを手に入れて最後まで幸せに暮らして欲しい。これが住宅金融公庫勤務時代に年間500件以上の住宅ローン相談業務を担当してきた私自身の願いです。その経験を基に貴方のマイホームライフをトータルにサポート致します。

カテゴリ 「相談業務」のコラム

このコラムに類似したコラム

下がらない長期金利・・・ 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/23 10:00)

日銀会合はまったくのゼロ回答 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/11 14:00)

改めて長期金利とは 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/30 15:00)

長期金利急上昇で、住宅ローン金利に悪影響の懸念 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/11 03:00)

2013年9月のソニー銀行の金利発表 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/16 17:00)