長期金利急上昇で、住宅ローン金利に悪影響の懸念 - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

Office JUN 代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

長期金利急上昇で、住宅ローン金利に悪影響の懸念

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び
相談業務 店舗タイプ

 円安進行による急ピッチな株価上昇をうけて、長期金利が急上昇しています。10日の金曜日には、長期金利の指標となる10年物国債の利回りが、緩和後最高水準となる0.7%を付けました。


 株価が上昇すれば、債券を売って株式を買う流れが強まるので、この流れは自然と言えば自然なのですが、日銀が異次元緩和で金利低下を促す姿勢を強めていただけに、今後の動きが注目されます。


 当事者である日銀は、今回の金利上昇を株高に伴う自然な金利上昇と静観しているようですが、市場からは機動的な国債買い入れにより、金利上昇に対処を求める声が出ています。


 仮に0.7%近辺の水準が続いた場合、前月は0.5%近辺だっただけに、来月の住宅ローンの長期固定金利が上昇する可能性はかなり高くなります。


 一方で、現在は好材料と捉えられている円安も、過度に進行すると様々な悪影響を及ぼす可能性があり、株式市場がどの程度の水準まで、円安を材料に上昇するかにも注意する必要がありそうです。

 

沼田 順(CFP(R)認定者・1級FP技能士、宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザー)

 

※このコラムの無断転載・引用はご遠慮願います

 

ブログメディア「BLOGOS」、「マネーの達人」

そこに参加させて頂いている、私のブログも是非ご訪問下さいませ。

住宅ローン、不動産アドバイス

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / ファイナンシャルプランナー)
Office JUN 代表

住宅金融公庫出身のFPが貴方のマイホームライフをサポート

素敵なマイホームを手に入れて最後まで幸せに暮らして欲しい。これが住宅金融公庫勤務時代に年間500件以上の住宅ローン相談業務を担当してきた私自身の願いです。その経験を基に貴方のマイホームライフをトータルにサポート致します。

カテゴリ 「相談業務」のコラム

このコラムに類似したコラム

下がらない長期金利・・・ 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/23 10:00)

日銀会合はまったくのゼロ回答 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/11 14:00)

改めて長期金利とは 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/30 15:00)

2013年9月のソニー銀行の金利発表 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/16 17:00)

ソニー銀行が5月の金利を発表できない異常事態に 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/16 06:00)