新しそうで、実は古いのが「間取り」 - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
菊池 克弘
(建築家)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新しそうで、実は古いのが「間取り」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
●家を建てよう!!

間取りと云うのは、あまり大きく変化しません。しないと言うより出来ないのです。
その人にしてみれば、一生の買い物ですから、失敗はしたくありません。大金をつぎ込むのに大きな冒険は出来ないので、必然的に保守的な間取りが大勢を占めます。

中小の工務店さんも大手のハウスメーカーもそれは同じで、前例に習った提案をしてきます。つまり誰にでも住める家だけど、住まう人、その人に特化した家になっていないのです。
マイホームと云うのはパーソナルなものです。極論すれば、他人が見て住みよいと感じるのはどうでも良いのです。自分さえ(自分の家族さえ)住みよ良ければそれが最も住みよい家なのです。

では特化させるにはどうすれば良いのか。

日々の生活で不満に思っている事を羅列するだけでも、理想の間取りが見えてきます。普段何気なく行っている行動も、家族の誰かに迷惑をかけている行動ってありませんか?不便と思いつつも仕方なく行っている作業ってありませんか?日々の生活の自分や家族の行動を観察するだけでも、理想の間取りに近づいて行きます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 間取り・見積りチェックします。

料金
無料

提案された間取りや見積りが適正なのかどうか判断するのは難しいものです。お話しをお伺いしながら、専門家が客観的にアドバイス致します。

間取り・見積りチェックします。

このコラムに類似したコラム

次の消費税に向けて 信戸 昌宏 - 建築家(2014/03/27 12:00)

日本に見る、子供たちをダメにする家 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2013/10/07 15:09)

新築分譲マンションは買ってはいけない?? 松岡 祐作 - 建築家(2013/07/02 15:29)

規格化ハウスの違和感の原因がわかった 志田 茂 - 建築家(2013/06/07 15:57)

小さな住宅 増井 真也 - 建築家(2013/05/30 21:24)