給与減。家計診断お願いします。 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

給与減。家計診断お願いします。

マネー 家計・ライフプラン 2009/03/05 03:18

夫の会社が不況で、手取り10万の減少です。大雑把なやりくりだったので不安に
なってきました。子供の教育資金や老後資金、資産運用についてご意見をお聞かせ
下さい。夫32歳・妻33歳(専業主婦)・子3歳・来月一人出産予定です。
収入 手取り22万 児童手当1万 (前年ボーナス140万)
支出 固定資産税 ¥7,500 食費・雑費¥35,000
電気代 ¥6,000 水道代 ¥2,000
ガス代 ¥2,500 通信費 ¥16,000
灯油代 ¥5,000 ガソリン代¥10,000
子供費 ¥3,000 医療費 ¥10,000
生命保険 ¥7,100 個人年金 ¥8,000
学資保険 ¥9,500 子供貯金 ¥20,000
車費 ¥17,000(税金・保険・車検2台分)
夫小遣い ¥20,000 残りは貯金¥40,000
結婚4年で現在、定期200万 国債200万 財形160万
普通貯金1050万です。教育資金は大学入学まで一人700万程になる予定です。
この4年で大きな買い物は車2台購入・墓購入・家のリフォームで計400万でした。
暫く大きな出費は無い予定です。

にこたんさん ( 広島県 / 女性 / 33歳 )

回答:5件

大間 武 専門家

大間 武
ファイナンシャルプランナー

- good

今の状態を最低限維持しましょう。

2009/03/05 04:05 詳細リンク
(5.0)

にこたんさん、ご質問ありがとうございます。
ファイナンシャル・プランナーの大間武です。

ご質問の件ですが、
月ベースの家計収支は貯蓄も出来てバランスしていますので
最低限この状態を維持していただきたいと思います。

ただ、来月二人目のお子さんが誕生されると
家計収支の状態も変化するので
月々の家計収支状態を

「予算を組んで⇒実行し⇒結果を確認し⇒改善を行う」

の流れで毎月管理するようにしてみてください。

にこたんさんの家計は今までの成果・結果である
貯蓄額がしっかりと貯められているので
このペースを守っていってください。

運用については
普通預金の1,050万円はあまりにももったいないので
通常の生活に支障のない程度の金額以外は
安全性の高い金融運用の中で普通預金より金利の高い
金融商品等での運用も検討してみてください。

また、いただいた家計収支の中にある
生命保険料等について年払いを行っていないのであれば
(年払いによる削減効果額・率にもよりますが)

・普通預金の活用方法の一つとして
・家計のお金の流れの改善策の一つとして

検討してみてください。

厳しくなった経済状態から
にこたんさんの家計収入にも影響が出てきているので
不安になる部分もあるかと思いますが

家計を最低月単位で管理し
それを積み重ねていけば
厳しい状態も乗り切れる家計になっていきます。

回答専門家

大間 武
大間 武
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役

お金にも“心”がある。送り出す気持ちで賢く上手な家計管理を

法人、個人の形態を問わず、クライアント(お客様)のパートナーとして共に次のステージを目指し、クライアント(お客様)の質的成長にコミットします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

収入減に強い家計です。

2009/03/05 13:19 詳細リンク
(5.0)

にこたん様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

家計データ拝見しました。

ご自宅の住宅ローンの返済等は、ないようなので、その点は、アドバンテージですね。

不況による手取り10万円の減少は、確かに痛いですが、それでも、個人年金、子供貯金を含め、月68,000円の貯蓄が出来ていますので、収入減に強い家計と言えるでしょう。

資産運用については、今は、株価が下がっており、チャンスと見る向きもありますが、もっと値下がりする可能性も絶対にないとはいえませんので、リスク性の運用に取り組む場合は、あくまで長期投資で検討されることをおすすめします。

具体的には、今後、子供費が増えることを想定し、場合によっては、貯蓄からの取り崩しがあることも考え、10年以上寝かせておける完全な余裕資金を具体的な計算で割り出すとよいでしょう。

普通に考えれば、10年以上、金融危機が続くというシナリオは、考え難いため、完全な余裕資金については、国内外の株式に分散投資をする投資信託などを利用するのも、ひとつの考え方です。

さらに詳しくは、個別にお問い合わせください。

以上、ご参考にしていただけると、幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断の件

2009/03/05 17:08 詳細リンク
(5.0)

にこたんさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

ご主人様の手取り月収金額22万円に占める学資保険を含めた毎月の貯蓄の割合は、35%以上にもなっているため、申し分ありません。

これからもこの水準を維持していっていただければ大丈夫です。

にこたんさんがこれだけの貯蓄水準を維持できるのは、住宅ローンをはじめとする住居費用がほとんどかかっていないためとなります。

また、他の家計支出項目を確認いたしましたが、特に過剰と思われる支出項目は見あたりませんので、家計はしっかりと管理されていますので、ご安心ください。

尚、普通預金に1,050万円となっていますが、現在、普通預金に預けていてもほとんど利子は付きません。

今後しばらくは大きなイベント支出はないということですから、手元には100万円〜200万円ほどの普通預金を残して、それ以外の資金につきましては、ネット銀行のスーパー定期などに預け替えをしていただくことをおすすめいたします。

今ならばキャンペーン金利を利用できますから、一年物のスーパー定期でも0.7%程度の預貯金金利になるところもあります。

例えば、850万円を0.7%のスーパー定期に一年間預けた場合、1年後に受け取れる利子は59,500円(税込み)となります。

お金に楽をさせないで、汗をかいて働いてもらってはいかがでしょうか。

以上、ごさんこ幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

ライフステージにあった貯蓄と資産運用

2009/03/06 10:19 詳細リンク

にこたんさんへ
こんにちは。

収入が大きく減ると確かに不安になります。でも、お聞きした範囲でみてみると今の状況に合わせて上手に家計を縮めることができているようです。マイホームをお持ちだから上手に乗り切れているということもあると思います。その点は感謝しましょう。

子どもさんの教育費や教育費の準備貯金は、一人当たり毎月3万円は確保しておくと安心です。ただ、給料の変動によって上下させるのも悪くありません。

老後資金についてですが、会社に企業年金がある場合は、モデル年金額(会社が想定している年金額)や想定される退職金額を確認してみます。
老後資金の準備は早いに越したことはないのですが、貯蓄額に限りがある場合は子どもさんの教育費やライフイベントのためのお金を優先します。

現時点では金融資産もまとまった額があります。目的が無かったら投資信託などで分散投資となりそうなのですが、使いみちが決まって資産運用が活きてくるのだと思います。まずは10年後、20年後のことも考えながらライフプランをつくられてはいかがでしょうか。

上津原マネークリニック
上津原拝

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

しっかり家計管理されていると思います。

2009/03/05 07:42 詳細リンク
(5.0)

にこたんさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

しっかりと家計管理されていると思います。
10万円減でもまだ4万円の貯金ができるのであれば、お子さんが生まれても多少今迄のように貯金に回せなくなるとは思いますが、大丈夫でしょう。この調子で頑張ってください。

教育資金の目標もあり、あとは老後資金作りですね。
普通預金の一部を運用することを考えたほうがいいと思います。

500万円を1年複利4%で30年運用すると1660万円ほどになります。
海外債券型、海外株式型、日本株式型などで配分を決めファンドによる分散投資を始めてみませんか?

また教育資金についても学資保険が安定運用ですので、積み立て分は投資信託などを考えてはいかがでしょう。

以下運用の基本です。

10年以上先に必要となるものはある程度のリスクを取って運用する。
5年以内に必要となるものは元本保証
5〜10年に必要となるものは個人向け国債やMMFなどの安定運用

補足

上記記載に誤りがありました。
「500万円を1年複利4%で30年運用すると1660万円ほどになります」
1年複利ではなく、1カ月複利です。

1年複利の場合は1621万円です。

お詫びして訂正させていただきます。

ご指摘いただいたユーザーの方にお礼申し上げます。

質問者

にこたんさん

ありがとうございました。

2009/03/05 11:00 固定リンク

アドバイスありがとうございました。
投資信託は保守的な性格なので(笑)今まで回避してきました。
でも、やはり普通貯金がもったいないですよね。
金額を決めてMMFを始めてみようかと思います。

にこたんさん (広島県/33歳/女性)

質問者

にこたんさん

ありがとうございました。

2009/03/05 16:25 固定リンク

アドバイス下さり、ありがとうございます。
有り難いことに住まいは先祖から譲り受けたものです。
結婚時に夫には車のローンがあり、ローン嫌いな私が一括返済し
貯金はゼロになってしまいましたが、出産までの一年は共働きで
毎月の生活費を10〜12万に抑えて600万貯蓄出来ました。
それに慣れたせいか、月々の貯金額が最近減ってきたので不安に
なっていました。でも、収入減に強い家計と仰っていただき少し
ずつでも貯蓄が増えるよう、資産運用をしていきたいと思いまし
た。

にこたんさん (広島県/33歳/女性)

質問者

にこたんさん

ありがとうございました。

2009/03/06 00:12 固定リンク

早々にご診断下さりありがとうございました。
そうですね、もう一人子供が産まれてから改善点を見つけて
いきたいと思います。
ご指摘下さった生命保険の年払の件ですが、県民共済と生協
共済に加入です。(夫4,000妻2,000子1,100)
なので年払不可、全て掛け捨てですね。夫の保障が少ないと
思うので下の子への学資金作りを兼ねて夫名義で東京海上日
動あんしん生命の長割終身を考えています。

にこたんさん (広島県/33歳/女性)

質問者

にこたんさん

ありがとうございました。

2009/03/06 00:22 固定リンク

ご診断下さりありがとうございます。
ご指摘の通り、普通貯金を運用していこうと思います。
いくつかのネット銀行の定期預金の利率を見ました。
国債の募集も始まりましたが、雲泥の差ですね。
よくよく検討してみたいと思います。

にこたんさん (広島県/33歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断と将来のアドバイスをお願いします sai0811さん  2009-04-22 22:15 回答3件
老後のための家計診断お願いします。 しゅがーばにーさん  2012-07-23 11:49 回答1件
家計診断(保険、資産形成、教育資金、住宅購入)お願い到します 新米ママ検討中さん  2012-01-10 09:37 回答3件
子供が出来るのですが、、 ほーほーさん  2008-10-07 23:18 回答4件
家計診断・老後資金の相談お願いします。 ケツメらぶ☆さん  2008-08-08 13:55 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)