家計診断 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

家計診断

マネー 家計・ライフプラン 2008/06/21 16:39

ご相談させていただきます。
家計診断をお願いします。
只今、一人暮らしで築10年の持ち家でローンを支払っています。
給料が手取り190,000円。
ボーナスが年間500,000円
-----------------------------------------------------
住居ローン 30,000円
火災保険12,000円
個人年金 10,000円
生命、ガン、障害保険 13,000円
貯蓄 45,000円

食費 22,000円
日用品 5,000円
光熱費 23,000円
通信費ネット固定電話、携帯電話 10,000円
ガソリン 10,000円
医療費 10,000円

年間費用
浄化槽 30000円
固定資産税 90000円
車税金 34500円
車保険 30000円
など
-------------------------------------------------------------
現在の貯蓄
自由になる貯蓄 2,200,000円
投資中、株等 4,400,000円
火災保険の満期待ち 49.57.67歳で満期予定 3,000,000円

ボーナスで年間の必要な分の支払いにあてたりしています。
田舎なので交際費や神社、寺の経費など出費がかさみます。
会社の給料も5年ほどベースアップもないし、ボーナスもあまり当てには出来ないし、シングルのため、老後も心配。日々に余裕がありません。
保険も一人なので、安い医療保険もと思いましたが、入院したら収入もなくなるのでそれも補えて家政婦代も必要かと思い
終身タイプに入っています。住友生命のライブワン。
もっといい方法があれば教えていただければと思います。

ともちゃん13さん ( 徳島県 / 女性 / 41歳 )

回答:5件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

今後について

2008/06/21 16:53 詳細リンク
(4.0)

こんにちは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

今後についてですが、まずは目標額の設定をしましょう。いつまでにいくら貯めないとならないのかを明確にしていきましょう。そして、次にそのお金貯めるのにはどうしたらいいのか検討です。
保険については、内容の詳細がわからないのですが多分見直したほうがいいと思われます。
保険は万が一のときにお金に困るために加入するのです。そのことを考えどんな保険が本当に適切なのか。保険種類選びと保険会社選びが必要です。入院したときにどうするのか。在宅療養のときにはどうするのか。など考えどのくらいを保険でカバーするのか検討してみてください。
働けなくなったときに出る保険に損害保険会社の所得補償保険があります。
最後にいろいろと考えて資金運用をされているようですので、今後もがんばってください。
ひとつだけ火災保険の満期待ちというのは、積み立て火災保険に加入されているのですか。もしそうであるならば、インフレリスクも考慮にいれておきましょう。

評価・お礼

ともちゃん13さん

お返事ありがとうございます。医療保険って難しいですね。
医療保険だと60歳ぐらいまでしか補償がないものが多いので、現実はそれからがよく使うものなのに、思うような保険が少ないです。
火災保険は30年満期の農協の建更です。
やはり解約して今のに書きかえたほうがいいのでしょうか?

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断について

2008/06/22 10:12 詳細リンク
(3.0)

こんにちわ、FPコンサルティング岡崎です。

しっかりと家計管理されているようですので、あまり申し分がないですが、
火災保険の満期が長期でああるのは気になります。今後金利が上がればうまみなくなりまう。また生命保険も定期部分は更新型ではないでしょうか。あまり死亡保障がいらないのなら、低解約型終身保険もいいと思います。
今後様々なケースを想定して、ぜひ「ライフプラン表」を作成してください。そうすれば現実が見えてあんしんできます。ぜひお勧めします。
参考にhttp://www.fp-con.co.jpにライフプラン表がありますので、ご覧下さい。

評価・お礼

ともちゃん13さん

低解約型終身保険というのは、はじめて聞きました。調べてみたいと思います。
ただお金っていくらあれば安心できるものかと最近いろいろ思います。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

保険の適正化と運用の再構築を

2008/06/23 14:35 詳細リンク
(4.0)

ともちゃん13様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

保険は、加入時期によって、有利不利が分かれます。予定利率が高い頃に加入した「お宝保険」を持っている方も結構いらっしゃいます。そのような保険は、解約してはいけません。

最近の予定利率の低い保険は、残念ながら、金融商品としての魅力は、薄いです。さらに追い打ちをかけるようですが、保険は、投信などよりも、手数料はうんと高いのが一般的です。

投信のように、外枠で手数料は、表示されず、保険料にコミコミのため、一般消費者の方には、それが見えないのです。

したがって、保険の利用は、万一の時の保障部分に絞り、割安な掛け捨ての保険などで用意する方法を考えてみてください。

貯蓄部分については、データを拝見したところ、リスクをとった運用に、抵抗感はないご様子ですので、保険の見直しと同時並行で、ポートフォリオの再構築を行うと良いでしょう。

以上、ご参考にしていただけると、幸いです。

評価・お礼

ともちゃん13さん

ご回答ありがとうございます。
ポートフォリオという言葉は知っていましたが、よく分からないので勉強してみます。
株価も1年前ぐらいまでは良かったのですが、ここ最近は低迷して少し持ち直しましたがまだまだ元には回復しません。長い気持ちでやってみたいと思います。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断の件

2008/06/23 17:46 詳細リンク
(4.0)

ともちゃん13さんへ
はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

手取り月収金額19万円に占める住宅ローンの負担割合は、15.7%となっていますので、無理なく返済をしていける水準となっています。

また、毎月の貯蓄金額45,000円につきましても、手取り月収金額に占める割合は23.6%と、20%を超える水準になっていますので、可能な限りこの水準を維持していっていただければ十分です。

家計収支につきましては、特にご指摘する点はありません。
今のままで大丈夫です。

尚、『入院したら収入もなくなるのでそれも補えて家政婦代も必要かと終身タイプに入っています。』につきまして、特約かなにかで、そのような保障が付けられるのでしょうか?
念のため、住生の担当者の方に確認をしておくことをおすすめいたします。

尚、収入に関する保障につきましては、『所得補償保険』で補うことが、一般的となります。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

ともちゃん13さん

所得補償保険というのは初めて知りました。ちょっと勉強してみます。今の保険に入るときに、ソニー生命とかの変額保険みたいなものと迷いました。終身は後々保険料が今の保障を保つためには上がっていきます。果たしてそのときに払えるかどうかとなると無駄ではと迷いました。セールスレディさんは、人生も変わるのでそのときに見直しは必要だということで今の保障に入っています。事実死亡の時には1000万も必要ありません。が年金にも変えられるしということで今の保障にしています。もう一度よく考えてみます。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)


家計診断

2008/06/26 15:29 詳細リンク
(4.0)

ともちゃん13さん
はじめまして、FPマネーセラピストの鷹野です。

家計もしっかり把握なさって素晴らしいと思います。
ちょっと気になるのが、保険ですね。

もし更新型ですと保険料があがりますので
いずれ内容を見直したほうがいいと思います。

貯蓄や運用もしっかりなさっていますから
目標を設定されるといいでしょう。

今の人生を楽しむことと、将来に向けてのバランスが
大切になってくると思います。

心理面についてですが、
文面からは、とても不安を感じられているようですが
人生は、いつ何が起きるかわからないこともあります。
今は独身でいらっしゃいますが、結婚する可能性もあるでしょうし
まだまだお若いですから、これからの人生設計を
楽しむことも大切だと思います。

ぜひ、がんばってください。

評価・お礼

ともちゃん13さん

回答ありがとうございます。
目標をもう一度考えて見直してみます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断と保険 草食動物さん  2008-07-26 15:21 回答5件
家計診断お願いします ぴぃちゃんさん  2014-06-14 06:08 回答2件
家計相談…もう限界です peridotshinyさん  2011-09-10 01:07 回答3件
家計診断をお願いします。 ど素人さん  2007-11-08 14:49 回答4件
家計診断お願いします。 happy_tomoさん  2013-07-28 09:46 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)