家計の見直しについて - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

家計の見直しについて

マネー 家計・ライフプラン 2010/10/07 01:08

初めて専門家の方に相談をお願いします。よろしくお願いいたします。
現在、地方の社宅暮らしで家賃も安いため、お金に余裕があるような気になり、きちんとした家計管理ができておらず、漠然とした不安を持っています。

2-3年後に都内(または近郊)でマイホーム(5000万くらいで頭金2000万用意)を購入したいと考えていますが、今の状況だとローンなどを組んだ場合が不安です。

家計で見直すところは、固定出費以外の部分はわかってはいるのですが、マイホーム購入に向けて最低あとどのくらいの貯金が必要かの目安がわからないのと、また家計に無駄な部分はないか、ご教示いただければと思います。教育資金について、十分かどうかも教えていただければ幸いです。(高校から私立、大学私立文系を想定)


家族構成:夫(37歳 会社員)妻(38歳 専業主婦)子供 4歳、1歳

<月収入>手取り 約48万円

<支出>
家賃、駐車場代:0円(給与天引きのため)
食費:70000円(外食費含む)
水道光熱費:22000円
通信費:8000円(ネット、固定電話)
携帯電話:12000円(二人分)
新聞代:7500円
日用雑貨、被服費:15000円
保険料:13000円
(内容:収入保障月20万、終身医療保険:夫のみ、全労災の59歳までの医療保険 妻、がん保険:夫、妻)
→ 妻の終身医療保険に入るか検討中

ガソリン代:5000円
夫小遣い:60000円
教育費:20000円(幼稚園保育料)
子供習い事 13000円
貯蓄:132000円(引き落としのため、変動なし)
レジャー費用:20000円

約8万円ほど余る計算になるのですが、毎月上記以外の
出費(おけいこごとの発表会や、夫の飲み会代の補てんなど)があり、
生活費の口座には毎月の余剰が10から20万円の間で、増えてはいきません・・。


<ボーナス>手取り 年 約170万程度(うち年60万財形貯金)
<支出> 年払い保険料 42万(教育資金としての生命保険)
レジャー費用 年50万 (帰省費用など含む)
その他お小遣いなど15-20万(スーツ代など)

<預貯金>財形 約1700万
その他預金:150万
株式:70万(凍結状態)
<教育資金> 上の子が18歳時に400万、下の子が18歳時に200万満期のものがあります。

bingobingoさん ( 北海道 / 女性 / 38歳 )

回答:3件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

4 good

家計の見直しについて

2010/10/07 08:30 詳細リンク
(5.0)

bingobingoさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

ご主人様の手取り月収金額に占める貯蓄の割合は29.3%も確保できていますので、貯蓄水準としては決して低い水準ではありませんのでご安心ください。

また、他の家計支出項目も拝見いたしましたが、全体的にはしっかりと管理されています。

尚、各支出項目毎に見ていった場合、
1.食費
2.携帯電話
3.お小遣い
4.レジャー費用
などの支出項目につきましては、削減の余地があるかも知れませんので、ご検討されてはいかがでしょうか?

また、bingobingoさんの場合、社宅ということもあり住居費用が今はかかっていませんので、毎月の貯蓄につきましてはもう少し上乗せできると思われます。

住宅購入に当たっての貯蓄水準としては、今の水準にご提案しているとおりプラスαの上乗せができるように頑張っていってください。

尚、お子様の教育資金につきましては、今は貯蓄性の保険は予定利率が低くなってしまっているため決して有利とは言えませんので、新たに学資保険に加入しなくても、今の学資保険と毎月の積み立てでこれから準備していけば十分に間に合います。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

管理
費用
購入
削減
金額

評価・お礼

bingobingoさん

2010/10/07 22:09

丁寧なご回答をありがとうございました。
貯蓄水準は十分とのことで安心しました。実は固定費以外の部分を使ってしまう傾向にあるため、あと5万くらいは頑張って財形に上乗せしてもよいのかもと思っております。
教育資金は、上の子には郵便局の学資保険200万と貯蓄型の保険(長割という利率が良いもの)200万円、下の子には同じ貯蓄型保険200万(のみ)に入っておりますが、貯蓄型の保険があまり良くないとのことですので、あまり期待せずに積み立てを少しずつでもしていった方がいいのですね。ある程度の指針ができたことで、気持ちも楽になりました。重ねてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

渡辺 行雄

2010/10/08 08:52

bingobingoさんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからもお金に関することで、分からないことがありましたらご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

ご参考として

2010/10/07 17:56 詳細リンク
(4.0)

bingobingo様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

ご相談内容、拝見しました。

お書きいただいた内容ですと、少なくとも毎月13万2千円の積立貯蓄、年払い保険料 42万(教育資金)、年60万財形貯蓄の合計で、年間約260万円は貯められている計算になるようですね。

仮にこのペースをキープできたとして、マイホームと教育費を含めないで計算すると、運用率を考慮しなくても、60歳までにあと約5980万円が作れることになります。

仮に予算割をマイホーム6千万(ローン金利を含む)、教育費2千万としても今ある貯蓄と合わせて、ここまでは足りそうです。

さらに、退職金が、例えば、2千万円くらい出て、その後も公的年金だけで基本生活費をまかなえるとするなら、老後資金もほぼ問題ないと言えるのではないでしょうか。

ただし、問題は、本当にこのシナリオ通りになるかです。

いろいろなことがあると思いますが、例えば、ご主人さんが、新たな冒険の人生を選びたいと思ったりすれば、まったく違うシナリオになるでしょう。

もちろん、これは、ひとつの例えです。

実際にお会いしていないので、私もご夫婦でどんな考えをお持ちなのか、今の段階では、まったく分かりません。

実際の専門家によるFP相談は、その方の状況やお考えをじっくりと伺った上で、財政上のアドバイスをしていきますので、この場で画一的な答えは出来ないとご理解ください。

実際のFP相談をイメージできれば、と思いご回答させていただきました。

以上、多少でもご参考になれば幸いです。

ファイナンシャルプランナー
積立
保険
教育費
ローン

評価・お礼

bingobingoさん

2010/10/07 22:26

早速のご回答ありがとうございました。
他の方々とはまた違って、ざっくりと全体像を教えていただいて、視点を変えた見方で参考になりました。(正直、ちょっと想像はしにくいのですが・・・)
老後資金についてはまだ考えが至っていなかったので、考えるきっかけを与えていただき良かったです。
保険などについてもまだわからないことがありますので、今回色々教えていただいたことをきっかけに夫婦で今後の人生設計について話し合っていきたいと思います。
ありがとうございました。

森本 直人

2010/10/07 23:31

bingobingo様、評価・コメントありがとうございます。
全体像だけでも参考になったようでよかったです。
これを機会にご夫婦で話し合ってみるとよいかもしれませんね。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

新谷 義雄

新谷 義雄
行政書士

- good

家計の見直しについて

2010/10/07 10:32 詳細リンク
(5.0)

bingobingoさん、初めまして。ファイナンシャルプランナーの新谷と申します。


家計の削減

家計簿を拝見させて頂きました。収入が多く、貯蓄率も3割近くと高い為、家計に余裕があると言えますが、マイホーム購入に向けてより削減できる場所は削減したいですね。
気になる項目は、お小遣いとレジャー費でしょうか。お子さんの教育費が今後膨らむ年代と、住宅ローンが重なる事が予想されますので、今のうちにしっかり貯蓄しましょう。


住宅購入資金

住宅ローンの頭金としましては3割以上のご用意をお勧めをしています。5000万円の購入に対して、2000万円の頭金なら十分ですが、住宅購入の際のイニシャルコスト(仲介手数料、ローン保証料等)・ランニングコスト(住居費・固定資産税等)の発生も今後の家計設計の際に考慮しなければなりません

教育費

幼稚園~中学校は公立、高校~大学までの教育関連の平均的な支出ですが年額で

幼稚園 23万円
小学校 31万円
中学校 48万円
高校 98万円
大学 初年度115万円 2回生以降は89万円
必要となっています。合計でおよそ1052万円ですね。

幼稚園~高校の間は学校教育費・給食費・学校外活動費を含めた金額ですが、大学の場合は一人暮らしの場合は仕送り等生活費の上乗せ負担もあります(平均の仕送りは97,821円/月)

家計見直し
固定資産税
住宅ローン
家計簿

評価・お礼

bingobingoさん

2010/10/07 22:15

丁寧なご回答をありがとうございました。教育費なども目安をきちんと教えていただき、とてもわかりやすいです。住宅購入のイニシャルコスト、あまり想像できておりませんでしたので参考になります。もう少し頭金の額を減らしてもよいのかもと思いました。
レジャー費は贅沢しているような気がしているのですが、ここでしかできない、今しかできないと(地方にいるので)思ってしまい、お金よりも経験を優先している部分があります。
もう少し、これからのマイホーム購入に向けて削っていけるように努力していきたいです。
ありがとうございました。

新谷 義雄

新谷 義雄

2010/10/07 22:42

ご評価ありがとう御座います。レジャーで得られる経験にも「お金」では換えられない貴重な体験もありますので、それが出来る環境下は羨ましいです。是非今後のライフプランと両立できる一生の宝物にして下さい。

(現在のポイント:9pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

今後の家計をどうすればいいでしょうか 弱虫あらいぐまさん  2011-11-05 01:34 回答2件
家計見直しのアドバイス及び今後の貯蓄の不安 hiromisaruさん  2008-07-15 14:03 回答5件
家計診断と保険の見直しについて 琴音さん  2008-06-23 01:08 回答6件
家計の見直し 亜子さん  2008-03-28 03:07 回答4件
家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)