時期が来たら、ご子息とじっくりお話ください。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

時期が来たら、ご子息とじっくりお話ください。

2009/02/25 13:40

BSNの阿比留です。


ご子息を後継者にされたいというお気持ち、たいへんよく理解できます。

私のコンサルティングの時も、よくご相談を受ける要件です。

それだけ、皆さん、ご子息を後継者に・・・という気持ちがお強いようですね。


さて、現在は、経済不況時の真っ只中、中々10年後、いや5年後もどうなるか

わかりません。但し、皆さんが仰る事業計画は、社長様はすでに作成されているものと

思います。


そこで私の見解としては、ご子息を後継者にすることを前提ではなく、社長様のお考えで

事業の10年計画を考えておくことをお勧めします。なぜかと申しますと、ご子息も外で

仕事を覚えてきます。多分、御社のやり方とは異なる文化の中で最初過ごされる訳です。

これで、ある程度社会勉強しながら、御社に戻ることは決して悪いわけではありません。


想定されることは、昔からおられる大先輩です。当然、プライドも高く、その方々への

配慮が必要です。また、大手から来られた方の共通点ですが、性急に職人の世界から多能工

へと切り替えようとされます。それがまた火種になるというケースが余りにも、多いのです。


でも、本当に強い次世代の経営者は、世界を睨み、どのようにしたら事業拡大できるかを

考えているのであり、旧態然たるスタイルには、決して負けません。

それ位に成長されたご子息であれば、どなたか言われたように、第二創業かもしれませんね。

という訳で、時期がきたらご子息とじっくりお話になって下さい。経営者として、本音で

お話ください。それもダメなら社内からの選抜も視野に入れておくこともお忘れなく。

御社の今後の益々のご繁栄を祈念しております。ありがとうございました。

http://abs-net.jp

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

息子を後継者とするに辺り、社内に向けて行うべき事

法人・ビジネス 事業再生と承継・M&A 2008/09/25 14:47

私で2代目となる印刷業を営んでおります。紙からインターネットへの変化もあり、最近ではWebサービス事業なども手がけ、経営状態はまずまずといった形で推移をしております。

私に… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

後継者を、血縁ではなく社内実力者へ変えるべきか 専門家プロファイルさん  2008-03-28 14:01 回答2件
次年度に繰り越せる案件が無く、先行きが厳しいです 専門家プロファイルさん  2009-02-26 13:09 回答2件
休眠会社を新規事業の母体とするメリットはあるか? 専門家プロファイルさん  2008-04-24 11:32 回答1件
事業再生のため会社分割を検討中。手続きの注意点は? 専門家プロファイルさん  2009-03-26 15:25 回答2件
廃業手続きについて 虎の巻さん  2014-06-14 15:08 回答2件