競争よりも「協調」の文化を醸成しておくことが大切 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

伊藤 健之

伊藤 健之
経営コンサルタント

- good

競争よりも「協調」の文化を醸成しておくことが大切

2009/02/27 07:50

競争力の源泉は「ひと」であり、''競争よりも協調''する基盤のうえで活動する人のほうが、
中長期的には、組織力の向上、成果の最大化に貢献します。

こうした「協調する」土壌や文化が根づいていれば、安心して社長交代できるでしょう。

個々人は創造的に仕事をしていても、「個人の成果の寄せ集め(総和)」に留まってしまって
いる経営は意外と多いものです。

次のステップとして、
'' - 個と個のつながりの最大化により''
'' - 組織内に化学反応が起こり(相乗効果)''
'' - 組織として最大限のパフォーマンスを発揮してもらいたい''
と考えております。

人のつながりを最大化するには、''協調する文化''が必要です。
こうした文化を醸成するために、

- 顧客志向にもとづく創造性豊かな工夫や提案が継続的に創出される「場」
''  (創造的な小集団活動)''
- 組織のミッションや戦略を浸透させるコミュニケーションの「場」
''  (トップと現場が方向性をすり合わすラウンドテーブル)''

を組織内にぜひ設けてみてください。

半年〜1年で、冒頭に挙げた組織の土壌が出来つつあることを認識できると思います。

具体的な「やり方」につきましては、こちらをご覧いただけると幸いです。

グランデコンサルティングは、「活力みなぎる組織」の実現をお手伝いしております

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

息子を後継者とするに辺り、社内に向けて行うべき事

法人・ビジネス 事業再生と承継・M&A 2008/09/25 14:47

私で2代目となる印刷業を営んでおります。紙からインターネットへの変化もあり、最近ではWebサービス事業なども手がけ、経営状態はまずまずといった形で推移をしております。

私に… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aに類似したQ&A

後継者を、血縁ではなく社内実力者へ変えるべきか 専門家プロファイルさん  2008-03-28 14:01 回答2件
次年度に繰り越せる案件が無く、先行きが厳しいです 専門家プロファイルさん  2009-02-26 13:09 回答2件
休眠会社を新規事業の母体とするメリットはあるか? 専門家プロファイルさん  2008-04-24 11:32 回答1件
事業再生のため会社分割を検討中。手続きの注意点は? 専門家プロファイルさん  2009-03-26 15:25 回答2件
廃業手続きについて 虎の巻さん  2014-06-14 15:08 回答2件