休眠会社を新規事業の母体とするメリットはあるか? - 事業再生と承継・M&A - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

休眠会社を新規事業の母体とするメリットはあるか?

法人・ビジネス 事業再生と承継・M&A 2008/04/24 11:32

ちょうど1年ほど前に、かつて経営していた株式会社を経営不振により精算し、今は事実上休眠会社として眠らせております。近く、以前の会社とは異なるサービスを新たに立ち上げようと考えているのですが、これに休眠中の前会社を当てることができるかと考えております。このようなケースで休眠会社を活用するメリットはあるのでしょうか?

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

回答:1件


法人設立費用がいりません

2008/04/26 15:48 詳細リンク

あらたに会社を設立するとなると諸々の費用が必要となりますが、すでに法務局で登記された法人を活用するとその費用がいりません。

ただし、休眠していた会社の商目的があらたに事業とする目的と合わない場合は、定款変更手続きをしなければいけません。
その際に法人名、事業年度、所在地なども変更できます。

それから役員の入れ替えをしなければいけません。

これらをきちんと議事し議事録に記載したうえ法務局で変更登記をしなければいけません。

税務署関係には事業再開の手続きを書面で提出し、止まっていた経理処理を整理しなければいけません。

設立費用はカットできても変更費用がかかりますので思い切って新規に設立することも考えられます。

あと考えられるメリットは、設立何年目という社歴でしょうか。
以前と比べ青色申告繰越欠損の活用は制限がかかりメリットが少なくなっています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

2つある会社を1つに はる0713さん  2013-09-09 11:01 回答2件
次年度に繰り越せる案件が無く、先行きが厳しいです 専門家プロファイルさん  2009-02-26 13:09 回答2件
息子を後継者とするに辺り、社内に向けて行うべき事 専門家プロファイルさん  2008-09-25 14:47 回答9件
父の経営していた休眠会社の整理 ゴリーマンさん  2013-02-19 09:42 回答1件
会社の経営権(株主の権利) タマコさん  2010-11-14 11:33 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

対面相談 初回限定!事業再生のための返済猶予(リスケ)面談相談
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)