予期せぬ機会をキャリアに活かす クルンボルツの理論 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:キャリアプラン

予期せぬ機会をキャリアに活かす クルンボルツの理論

2008/01/26 00:05

日本でもここ数年、この理論を使って著名な先生方がキャリア論の講義をしていたり、
多数の関連本が出版されていますが、元々はスタンフォード大学教授である
ジョン・クルンボルツ教授(教育学・心理学)が提唱した理論です。

彼は随分以前からこの理論を提唱しているようですが、
近年では1999年に「計画された偶発性-予期せぬ機会を作り出すこと(和訳)」
という論文を発表しています。

彼の理論の根本は、人は「学習し続ける存在」であり、
だからこそ新しいことにチャレンジしたり、
今までの行動を変えることも可能であること。
そして、偶然の機会を、自らの主体性や努力によって
キャリアに活かしていく姿勢が大切である、と唱えています。


例えば、私事で恐縮ですが、前職では社内異動が大変多く、
退職前の2年間での異動は、比較的小さな異動も含めるとなんと8回!
(社内でも異例でした)

ようやくチームにも慣れ、クライアントとのリレーションがとれ始め、
売り上げも安定しそうな矢先に異動を言い渡されると、
モチベーションは一気に下がります。

正直、当時は「なんでこんなにがんばっているのに、私ばかり
こんなことになるのだろう」と悩みました。

ただ、今振り返ってみると、様々な部署で働いたことで
確実に経験や知識が増え、それが財産になっているのです。
私ほどクライアントを数多く担当した経験がある人は、
業界内でもそんなにいないと思います。
また、経験から得た知識や人脈は、お金には変えられませんし、
現職でも大変役立ってます。


「人間万事 塞翁が馬」という言葉もあるように、
その時は辛く苦しい出来事だっとしても、それを受け入れて、
立ち向かってみることで、その後の人生が大きく変わってくるものです。

苦しいときは、思い出してください。

夜明けが一番暗く、寒いのです。

キャリア、そして人生も同じです。


※参考文献:キャリアの心理学 渡辺三枝子編著 ナカニシヤ出版

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

プランドハプンスタンスとは何ですか?

キャリア・仕事 キャリアプラン 2008/01/25 10:10

キャリア形成において、「プランドハプンスタンス」という理論があると聞きました。これはどういうものなのでしょうか。 

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

「計画された偶発性」理論です 齋藤 めぐみ(キャリアカウンセラー) 2008/01/26 01:50

このQ&Aに類似したQ&A

管理職より専門職を選ぶキャリア形成は不利? 専門家プロファイルさん  2008-06-26 11:52 回答1件
キャリアプランニングの仕方 専門家プロファイルさん  2008-01-18 10:25 回答3件
社員のやる気を引き出すには? 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答3件
現実と程遠いキャリアの夢、あきらめたほうが懸命ですか。 専門家プロファイルさん  2008-08-14 11:50 回答2件
離婚後の再就職。どうやって自己PRすれば良い? 専門家プロファイルさん  2008-05-22 10:30 回答2件