吸音も考えるならセルロースでしょうか - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

吸音も考えるならセルロースでしょうか

2007/08/28 16:21
(
5.0
)

断熱は、外張りと充填で考え方が違ってきますが、言及されていらっしゃらないので、どちらも充填構法で、また、外壁は通気構法で、耐久性も考えられているとして、話させていただきます。
湿気の問題はおっしゃるとおりで、硬質ウレタンは、水に強く湿気を寄せないので内部結露の問題は少なく、セルロースファイバーは吸湿するのでこれも内部結露の可能性は少ないです。考え方の違いで、どちらも優秀です。
ただ、硬質ウレタンをどのように施工されるかですが、現場発泡なら隅々まで充填できて良いのですが、木質パネル+ウレタン版張りの構法だと、四周をシールしてあっても、意外と合板と硬質ウレタンの間に湿気が入り、結露の可能性があります。
対して、セルロースファイバーは吹込みでしょうから、これも隅々まで断熱材が行き渡りますが、もしかすると長い間にはセルロースファイバーはだれて、上部が薄くなる危惧はあります(今のところ、僕の経験でもないですし、メーカーも問題ないとしています)。その場合はパネルのウレタンフォームの方が優秀になりそうです。
現場発泡の硬質ウレタンフォームでは、隅々まで断熱材で覆われるのですが、長期的には硬化して、柱梁との間に隙間ができる可能性があります。
細かくご説明をさせていただくと、燃えた時のこと、セルロースファイバーの防腐剤、インクの重金属など、紙面が足りません。
しかし、基本的にはどちらも優秀で、問題ないです。構法の説明を受けられて、ご判断されれば大きな性能さはないと思います。
構造としては、個人的に集成材の構造には若干の不安がありますが、歴史的には意外と古くからあるもので、これも大丈夫。構造体の吸湿の問題もお気になさらなくて良いと思います。
最後に、違いとして一つ。セルロースファーバーの方が吸音性は高いですから、そこをご検討要素とされるというのはあるかと思います。

評価・お礼

悩める32歳 さん

磯村様
回答 ありがとうございます

どちらも 一長一短 甲乙つけ難い、と言う事ですね。ここで 専門家の方達から頂いた 貴重な意見を元に もう少し頭をひねりたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

断熱材について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2007/08/28 08:20

一戸建てを新築したいと 施工業者の検討に頭を抱えているのですが 現在二社が最終候補に残り頭を抱えております。と 言うのも 断熱材と構造体の仕様が
?硬質ウレタンで修正材
?遮熱シート+セルロスファイバーで… [続きを読む]

悩める32歳さん (静岡県/32歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

テレビアンテナについて なみへいさん  2007-11-11 12:44 回答2件
設計契約の解除について iwaniwanさん  2014-12-10 23:54 回答5件
断熱材とサッシ ひらやさん  2011-09-24 00:03 回答3件
外張り断熱と充填断熱併用における壁内結露について taniyamaSYO112さん  2011-04-17 22:00 回答2件