リスク選考を間違わない事(人は自分の性格を簡単には変えれない) - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

真鍋 貴臣
香洋ファイナンシャル・プランニング事務所 代表者
香川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リスク選考を間違わない事(人は自分の性格を簡単には変えれない)

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般

ミクロ経済学には「リスク愛好的」とか「リスク回避的」といった言葉が出てきます。

ここでいう「リスク」とは不確実性のことを指します(けして「危険」ではありません)

この「リスク」に対するスタンスを説明する場合、以下のようなケースが引き合いに出されます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

100円のくじ引きがある。

このくじ引きは、50%の確率ではずれ(返金なし)、50%の確率であたり(200円)となる。

リスク愛好的な場合は「くじを買う」

リスク回避的な場合は「くじを買わない」

となる。

ちなみに、期待値を考えた場合

(0円×50%)+(200円×50%)=100円

となるので、リスク中立的なら「どっちでもいっしょ」となる。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、ここで自分自身を考えた場合、私は確実に「リスク回避的」な人間です。

あえてこのくじ引きをしないといけないのであれば、確立を上げる努力をするか、もしくは小さい金額でやろうとします。

会社経営で考えても、不確実性の高い仕入や、回収までに時間のかかる設備投資についてはまずやりません。

あるいは非常に慎重だと思います。

これは自分の投資方針などにも現れていて、自分でやっているものは債券か指標連動型の長期積立投資、あるいは元本確定型の商品ばかりです。

逆に、リスク愛好型の投資(FXや個別株式、ブルベア型の投資信託)などは、「今が買いだ!」と思っても手を出しません。


さて、将来の資産形成を考える上で、実はこの「リスク」についての考え方は非常に大きなウェイトを占めています。

というのも、「リスク愛好的なひとはリスクを取りたがる」「リスク回避的なひとはリスクを避けたがる」という性質は改善できるものではなく、それぞれの性格に合った方法で取り組まないと、「自分のやっている方法が続かない」という悲劇を生んでしまうからです。

リスクを取る運用には「くじけずやり続ける」ハートの強さが必要だと思いますし、リスクを避ける運用には「耐え続ける」我慢強さが必要だと思います。

しかし、往々にしてそれぞれに求められる性格は真逆の場合が多いのです。

資産運用相談の際には、かならずご自身が「リスク愛好的」か「リスク回避的」かを見極めてからお越しください。
(あるいはFPと一緒に診断してみてください)

このコラムに類似したコラム

投資助言業務開始しました 寺野 裕子 - ファイナンシャルプランナー(2015/06/03 18:14)

資産運用はあなたの暮らしを守るために 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2014/11/29 18:09)

MRIインターナショナル詐欺事件とカルト宗教 真鍋 貴臣 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/27 23:17)

「日本版ISA」を知っていますか?~働き盛り世代がISA口座をもつメリットとは?~ 真鍋 貴臣 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/13 09:55)

銀行セールス商品にご用心 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/09 23:39)