攻撃の達人と防御の達人 - コラム - 専門家プロファイル

池本 真人
Div Design Webサイトの一級建築士
東京都
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

攻撃の達人と防御の達人

- good

徒然日記

「私の会社に怒りっぽい人がいて…。」

こんな相談を受けることがあります。



以前にお伝えしたこともあるのですが、自分が悩んでいるのは怒っている人が原因ではありません。

気にしている自分がいるからであって、相手は関係無いんです。



確かに怒っている人というのは、周りに毒気を撒き散らしているようなものです。

決して良いこととは言えませんが…。

理不尽に怒っている人がいたとしても、その人が勝手に怒っているだけなんです。

あなたも一緒になって不機嫌になる必要はありません。



ちょっと考え方を変えたら受け止め方が変わるようになるものなんですね。

例えば、こんな風に考えてみてはどうでしょう?



私は以前に空手をやっていたのですが、強い人というのは相手の隙を見つけるのが上手なんです。

フェイントをかけて相手の隙を作ることもあります。



怒りっぽい人というのは武術の達人のようなものなんです。

相手の隙を見つけては、どんどんツッコんでくるわけですね。



そんな時は、こんな風に思ってみてはどうでしょう?

「さすが達人!今日もキレてるな~!」



なんかおかしくないですか?(笑)



いつもだったら1日に10回くらい怒られるのに、5回くらいだけだったら…。

「今日の達人どうしたのかな?体の具合でも悪いのかな?もっとグイグイきてくれたらいいのに~。」



と、そんな風に考えていて、その後に呼び出されて怒られたら、思わず心の中でガッツポーズしちゃいませんか?(笑)



物事というのは全て受け止め方一つで変わってきます。

相手が隙を見つける攻撃の達人だとしたら、自分が攻撃を受け流す防御の達人になったらいいんです。

自分の思いが変われば、おのずと相手も変わっていくものです。



実際、私が学んでいた空手の先生や先輩達でもそうなのですが…。

本当に強い人というのは戦わないんです。

あえて争いごとを避けようとします。



体と心は表裏一体です。

いくら体つきが良い武術の達人だったとしても、些細なことに耐えられない心であれば強いとは言えません。



相手が怒っていたとしても、こちらはイライラしないように受け流す。

そういう技を身に付けていきたいものですね(^_-)-☆


※メールマガジンだけでしかお伝えしないお話しもあります!

見方革命家まーくのメルマガ登録はこちらです♪




このコラムに類似したコラム

方程式の全体を見るということ 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/07/25 20:17)

本当の応援とは? 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/06/28 12:04)

全ての幸不幸は潜在意識の業から起こる! 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/03/27 22:00)

真理へ到達する道 池本 真人 - Webプロデューサー(2012/10/02 19:24)

肉体の檻と環境の監獄から脱出する! 池本 真人 - Webプロデューサー(2012/06/22 12:00)