【最強ビジネスモデル】仕事があって、ビジネスは手段。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最強ビジネスモデル】仕事があって、ビジネスは手段。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
 【最強ビジネスモデル】  2012.09.21 No.0465
===========================

先日「私の仕事」を表現した。

私の役割。
宇宙から任された事。
使命。(ミッション)。
志。ビジョン。理念。

色々な表現があるが、どれでも良く。

そういう自分のやるべき事があって
それを遂行するためにビジネスがある。

そして、
その感覚が「あまりにも当たり前」と
言う人が周りに多い。

すると、かなり立体的な視点で
深いディスカッションが展開する。

たまに
「お金のためにビジネスをしている経営者が多い」
と、ボヤく方とお会いするが、
それはボヤく事ではなく。

お金のために動く人は、
そもそも「巻かれている人」という
カテゴリーに入れるだけの事だ。

お金そのものには価値がない。
お金の価値を生み出して仕掛けている誰かに
巻かれている、という事に気付けない人。

それだけの事だ。

目的があって、そのために
今は誰かが作った経済ルールに従って
お金というツールが必要だ。

だから、
Aをやるために、その分のお金が必要。
また、お金をかけなくてやる方法は
実は思った以上に多い。

目的さえ、明確なら
ツールをさっさと手に入れるか
別の方法でゴールに向かうか
それだけの事。

お金が必要なのは
この社会が経済社会で、
それは誰かが作っているルール。

経済社会が、あと何億年も続くとは
とても考えられない。
そして、どんなルールにとって代わったとしても
どんな時代も「ツール」や「ルール」
を作っている人と、
踊らされている人に分かれる。

もちろん、私は
そのふたつが融合する事を知っている。
そもそも「ツール」は必要がないのだから。

全てを失って、
そこから這い上がった経営者には通じる話。

私自身、お金だけでなく
人間の尊厳も手放した経験があるから
こそ得た貴重な感覚だ。

そういう人とつながりコラボして
「仕事」をしていきたい。

___________________________
■今日のまとめ

・仕事
 (役割。宇宙から任された事。
  使命。志。ビジョン。理念。など
  表現はなんでもいい。)
 があり、ビジネスは、そのための手段だ。

---------------------------

このコラムに類似したコラム

【最強ビジネスモデル】発言力を持つものは。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2012/06/26 15:06)

【最幸ビジネスモデル】引っ張られないと決める。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/21 10:03)

【最幸ビジネスモデル】ひっかかりがない状態とは。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/19 18:40)

【最幸ビジネスモデル】支援が機能するとき。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/10/31 11:39)

【最幸ビジネスモデル】森を感じるために。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/10/11 08:29)