解らないから相手の立場に立つ - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2017年02月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

解らないから相手の立場に立つ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成


人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ



自分は、評価されているんだろうか?

自分は、必要とされているんだろうか?

自分は、嫌われているんじゃあないか?

自分は、駄目なんじゃあないか?

自分は、もう終わりなんじゃあないか?


別に、評価していない、とか

別に、必要としていない、とか

別に、嫌いだ、とか

別に、駄目だ、とか

別に、もう終わり、とか


言われていないのに、勝手に不安になる。

だから、本音を聞くのも、真実を知るのも怖い・・・

そして、余計不安になる。


上司や自分は、部下や相手に対して評価し、必要とし、大好きで、、


頼りにして、これからも色々お願いしたい、そう思っていても・・・

上司や自分は、部下や相手には、ちゃんと伝えているつもりでいても、


意外どころか全然伝わっていないって事が多いのです。

なんと、悲しい行き違いなんでしょう!


え?そんなことも解ってないの?

え?そんなこと解っているって思っていた!


とても落ち込んだ部下や相手を前にして、ビックリする上司の多いこと多いこと!


でも、ほんの少し、相手の立場、相手の気持ちに立てば、こんな行き違いは少なくなります。

思い込みや、悩みは、そのほとんどが、自分軸で考えているから起こる自分勝手な妄想です。

少しだけでも、相手の立場に立って、考えれば、少しずつ見えてくるのです。


言わない、言えない、言っていない、のにも理由と事情があります。

不安になっている部下にも、聞かない、聞けない、聞いていない、理由と事情があるのです。


悩む前に、その事情を理解しようとすれば、必ず見えてきます。


相手の気持ち、

相手の考え、

相手の感情


悩みがあるとき、不安があるときは、ほんの少し、相手軸に立ってみましょう。

必ず、何かしら見えてきます。必ず!

見えてくれば、悩むことがバカらしくなりますよ。



人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

仕事が最高に楽しいと言うこと 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/08/26 06:11)

これまでに経験したことのないような大雨 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/08/23 10:01)

新人店長は「聴く表情と気持ち」に注意を払おう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/12/23 07:00)

新人店長は「今日は昨日と同じ」ではいけない~変化発見ゲーム! 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/12/20 07:35)

「仕事が遅い」にはいくつかの種類がある 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/09/23 06:42)