しないことを決める - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
越智 昌彦
(研修講師)

閲覧数順 2017年04月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

しないことを決める

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成
プロとして生きる! キャリアを磨こう
何でもできそう。だから、何でもやってみたい。

ず~っとそんな生活をしてきました。

時に、それは、自分の人生の分だけじゃなくて、

子供だたちの人生にも、「やってみたいと思うなら、やればいいじゃん!」と、

強い影響を与えてきました。

確かに、やろうと思ってできたという結果を手に入れることは、

自分を確かなものとして受け入れられる何よりのことなのですが、

そうなれば、広く浅く、チャレンジすることが目的となって、

それ以上の「何か」を得ることに興味がなくなってしまいます。

いろんなことが起きて、

今は、これは「やらない」と、自ら声に出して宣言してパーキングエリアに入れておいて

(諦めるのではなくて、取り置きしておくようにする)

順番を決めるところから、意識を強く持つようになれると、

得られる結果が変わってきました。

主体的に、「しないことを決める」ということが、

自分に更に良い影響を与えるのです。

やりたいこと1番目に着手している時は、

やり遂げた時のイメージを鮮明にし、それは、次の何につなげようか?と

深く考えるので、1つのことに取り組むのでも、周辺の学習にも関心が高まります。

それを今はしません!と、自分で決めているので、強く気になることもありませんし、

ときどき、亡霊のように後回しにしていることがよみがえってきても、

今ではない!と確認すれば、自分を落ち着けることができます。

今はこれを!と洗濯したのは自分なので、雑音にとらわれることも少なくなります。

生き方は、いろいろありますが、何が自分らしいのか?

それが何となくでも、手ごたえとして掴めるようになると。

人生は、楽しくて仕方がない時間が繋がっていくことを感じることができます。

自分の強みとか、弱みとか、どこかに強く焦点を当てるだけでなく、

自分というものを俯瞰的に、全体として受け入れるために眺め直すことも大切ですね。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム

妄想力!発動させましょう(2017/02/25 18:02)

このコラムに類似したコラム

秀でる人たち 竹内 和美 - 研修講師(2012/12/16 15:35)

会議の目的 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2017/04/04 09:47)

常に時間の余裕を持つこと 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/11/08 10:13)

表面的と本質的 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/04/13 10:05)

時間とマナーの関係 飯田 祥子 - マナースタイリスト(2014/11/11 12:00)