住宅ローンの借り換えは今がチャンス?! - 住宅資金・住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

アネシスプランニング株式会社 代表取締役
東京都
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤 孝憲
藤 孝憲
(ファイナンシャルプランナー)
渡邊 英利
渡邊 英利
(ファイナンシャルプランナー)
真崎 喜雄
(ファイナンシャルプランナー)
渡邊 英利
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年02月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの借り換えは今がチャンス?!

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅資金・住宅ローン全般

暑い日が続き8月に・・・

いよいよ夏本番。


この8月になって住宅ローンの金利、特に固定金利の商品がさらに低金利になった。

三菱東京UFJ銀行などは優遇を受けて10年固定で1.35%。



かなりの超低金利だ。

変動金利の商品選択に躊躇している人にとってはこの夏に借り換えをすべきだろう。


借り換えの目安は??


現状の借り入れ金利が2%後半から3%以上であれば効果は期待できる。

今後の消費税の増税を踏まえ、家計の負担は日常の買い物で増加する。

そう考えると、ローンの金利は安くしておくべきだ。


ここ数年で住宅購入をしていれば、まだ元金はほとんど減っていないはず。

例えば、3,000万円ぐらいの残債があって金利が1%違えばかなり大きい。


また、旧住宅金融公庫での借り入れのある人は段階金利の場合が多い。

10年目には4%以上の場合もある。



住宅ローンは一度借りてしまうとなかなかその見直しをしない人が多い。

この機会に金利と残債を確認して、借り換えを検討してはと思う。


銀行はお金の貸し先をさがしている。

優良な顧客探しに躍起だ。


生保も投信も販売しているが、銀行のビジネスはやはりお金を貸すことが利益につながる。

そうした背景を鑑みながら銀行選びも必要である。


住宅ローンは借りる額も大きいので、その金利は少しでも安い金利で借りることである。




借り換えなど住宅ローンの個別相談やローンと生保の見直し相談は下記より。

アネシスプランニング(株)

電話:03-6202-7622

メール:info@anesisplan.co.jp


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 30、40代の住宅ローンの見直しと保険の見直し相談会

お金がかかる年代の住宅ローンの見直し方と保険の見直し方をまとめて伝授します!

料金
12,000円

30,40代はとりわけお金がかかる年代。住宅ローンと保険を見直しすることで子どもさんの教育費や老後の資金づくりをアドバイスいたします。
住宅ローンでは借り換えのポイントを、保険では生損保の見直しポイントをお伝えします。

30、40代の住宅ローンの見直しと保険の見直し相談会

このコラムに類似したコラム

【フラット35でもOK】住宅ローン借り換え個別相談 受付中! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/07/24 10:00)

住宅ローンは変動か固定か?【借り換え編】 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/05/17 00:32)

昨年秋、史上最低水準を更新中だった住宅ローン金利 岩本 裕二 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/19 22:24)

低金利!消費税アップ!激増する住宅ローン相談への対応力 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/26 16:19)

住宅ローンの返済が困難になったとき 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/19 17:00)