メディアリレーションのコツ - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

メディアリレーションのコツ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

記者のシンパ化を図りたい。

或いはメディアリレーションのコツは?などと聞かれる場合があります。


こう聞かれると皆さんはどの様に答えますか?


答えは簡単、”記者の立場で考え行動する”です。


記者は専門職とは言え、同じ社会人であり、ビジネスマンであり、サラリーマンなどと我々と何ら変わりありません。広報という括りで言えば、ビジネスパートナーです。


そう考えると他の仕事と同様に、”一緒に仕事がやり易い”と思われることが重要となります。


では日頃皆さんは、どれだけ”記者の立場”というものを考えて、意識しながら業務をしていますか?


例えば、


・もし自分が自社の社員でなければ(記者なら)、この資料、この表現で理解できるか

・問合せを受けた場合、自分が記者ならいつまでに、どの様な形で回答が欲しいか

・自分が記者ならこのリリース、取材で記事が書けるか

・取材時に眉間にしわを寄せた場合、どうして欲しいか

・記事を書いたにも拘らず記事にならなかったらどう思うか

・記者という立場を全く無視されたらどうか

・有事の際、自分が記者ならどの様な動き、質問をするか


などと書き出したらきりがありません。そもそも記者の仕事をどれだけ理解しているかということも前提として挙げられるでしょう。


記者とコンタクトをとる際、”もし自分が記者なら”という意識で行動や表現などの検証を都度行うことをお勧めします。

クリックをお願いします!
















 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

先ほど申し上げた通り・・・ 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/10/09 08:09)

付属資料の重要性 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/10/09 09:29)

広報は翻訳家 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/09/24 09:55)

リーディングカンパニー? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/09/19 11:32)

野党議員はクレーマー? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/05 11:34)