商談失敗は成果だ - 営業施策全般 - 専門家プロファイル

吉成 篤
セールストレーニング研究所 代表
東京都
営業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

別所 諒
別所 諒
(マーケティングプランナー)
水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年04月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

商談失敗は成果だ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業施策全般
どうも、吉成です。

今日は、ノマド族ってました。思っていたより集中できることに驚きだ。

さてさて、今日は営業の成果の話。

たいてい営業の成果というと、「受注」だと思いますが、個人的には、「断られる」ことも、成果と考えている。だらだらと見込み客を追うくらいなら、はっきりと、見込みがないことを認識できた方が良い。なぜなら、無駄なコストをかけなくて済むからだ。

ここでいう、コストというのは「時間」だ。

営業パーソンには、時間がコストという認識が薄い人が多い(という感覚がある)。だらだらと、中途半端に見込み客を追いかけるよりも、商談の白黒をはっきりとつけた方が賢明だ。だらだらと無駄なコストをかけて追いかけるのであれば、新しい見込み客の開拓や現在追いかけている案件のフォローに費やした方がよほど効果的だ。

もし、商談が進まず、ずーーっと、引っ張っている見込み客がいるなら、その見込み客と早く白黒をつけるようにするとよい。

はっきりと、「契約しないなら、これ以上商談進めても、御社に無駄な時間を使わせて、ご迷惑おかけしてしまうので、今日で最後にしますが、どうしますか?」くらいのことを言って、相手の反応をみるとよい。場合によっては、いい感じに引きの営業になって、商談が進む場合もある。そうなったらラッキーだ。

ということで、時間はコストだという認識を強く持つことをおすすめしたい。

今日はここまで。


営業コンサルタント
吉成 篤
http://www.facebook.com/yoshinari.office

このコラムに類似したコラム

胡散臭い人 吉成 篤 - 営業コンサルタント(2012/09/27 22:51)

稲盛和夫先生 吉成 篤 - 営業コンサルタント(2012/08/20 21:19)

本当に天才少女?福原愛選手 吉成 篤 - 営業コンサルタント(2012/08/08 22:34)

オリンピック 吉成 篤 - 営業コンサルタント(2012/08/06 21:28)

男子サッカー五輪 日本代表のグロージングの弱さ 吉成 篤 - 営業コンサルタント(2012/07/12 23:08)