【最強ビジネスモデル】グローバル人財教育。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最強ビジネスモデル】グローバル人財教育。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
 【最強ビジネスモデル】  2012.06.28 No.0406
===========================

弊社の新規事業、マレーシア事業。
おかげさまで順調に進んでいます。

モニターさんが何組も
マレーシアを体験し、好評価を頂いています。
HPも、もうすぐ完成しますので
お楽しみに♪

そこで、あらためて
グローバル人財について書こうと思います。

小学校での英語教育とか、
ちまたの英会話教室など、
「英語さえペラペラに話せたらグローバル」
というような雰囲気を感じています。

しかし、
日本語で提案力が低い。
日本語でのコミュニケーション力が低い。
という状態で英語がどんなに上達しても
それは、ただ言葉が話せるだけの人。

「グローバル人財」とは言えない、
と感じます。

言葉は、
表現するため、伝えるため、分かり合うため、
の「ツール」です。

本当に必要なのは
・自分で考える力。
・考えを人に分かり易くまとめる力。
・提案(プレゼン)力。
・人を巻き込む力。
・リーダーシップ力(自分・人どちらにも対して)。
など、総合的なコミュニケーション能力です。

その能力があって、
最後に「言葉」があればなお良し。

と、我々は考えます。

しかし、周りを見回すと
グローバル人財教育というと
まず『英語』

という風潮。
だから、我々の出番なのです。

言葉は英語圏に行って、
働いたり、学校にいくなどして
暮らせば身につきます。

まずは日本語で
しっかりした提案力などの
コミュニケーション能力を
身につけることが大切。

だから、
「真のグローバル化」という観点で
プロジェクトを進めています。

そして、マレーシアは
英語と中国が同時に身につく
トリリンガルのお得な国。

私たちはクアラルンプールを拠点に
マレーシアでの
「留学」「ロングスティ」「就職」など
インフラを全て整えました。

航空券は安い時で1万円
(たとえば私は、一番高い8月に
 行きますが早期に予約したので
 今回、片道12,000円でした~)
時差が1時間という

「気軽に行ける国」で

語学を習得するインフラが完全に
整っているのです。

ですから、ここは欲張りに
言語だけでなく、
真のグローバル化を
いかに実現するか?

日々考え実行中。

アイデアやコラボレーションなど
ぜひ、お気軽にお声かけください。

___________________________
■今日のまとめ

・真のグローバル人財とは、
 まず総合的なコミュニケーション能力が高く
 そして外国語が堪能な事。

・言葉だけ話せても、グローバル人財とは
 言えない。

---------------------------

このコラムに類似したコラム

【最強ビジネスモデル】リーダーシップ力がわかる10の質問。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2012/02/17 11:54)

【最幸ビジネスモデル】正しさの対処法。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/09/05 07:37)

【最強ビジネスモデル】活躍している人の共通点。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2012/05/08 11:50)

【最強ビジネスモデル】マイナス思考で備え、プラスの力を発揮… 星 寿美 - 経営コンサルタント(2012/03/29 10:07)