コーチングを通して知ること - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

コーチングを通して知ること

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成
プロとして生きる! キャリアを磨こう
年に何回か、スポーツ関係の方から、コーチングの依頼をいただきます。

スポーツはホントに苦手なので、ついつい、お断りしたくなるのですが、

先日は、逆に、この監督を何とか応援したい!と思って、お引き受けすることにしました。

その監督のどこに惹かれたか・・・というと、

今、起きているすべてのことは、自分以外が引き起こしていて、

自分は被害者だと思いこんでいる

ところなのです。

皮肉?ではなく、この監督が、現実を直視し、人を見る目が変われば、

きっと、良い結果が得られると、直感的に閃いたからです。

もちろん、通常なら、こういった希望者の方のお話しは、じっくり伺いますが、

お断りします。

あまりに依存的だからです。

コーチング・・・というよりも、カウンセリングが必要なのではないかと思うからです。

いつもの自分であれば、おそらく、躊躇せず、そうしたことでしょう。

では、なぜ、今回はお引き受けする閃きを得たか。

それは、可能性を感じさせる目の輝きです。

練習時間が短く、練習環境が十分整わない。

前任の監督の指導の影響が残っているので、選手が自分の指示に従わない。

何かとつっかかってくる選手(学生)がいる。

保護者が口出しすることが多々ある。

などなど、上げればキリがありません。

でも、これは、すべてある1面を見ているだけに過ぎず、

例えば、保護者が口出しすることが多々あるということは、

「新しい監督に期待を寄せているのではないですか?」

「どんな期待を感じますか?」

など、質問を重ねると、「なるほど、そうかもしれませんね」という答えが多くなり、

目に力が入っていくのを見て、この人は、何かを起す予感がしたからです。

人間って、ホント!不思議な生き物だなぁ~と、コーチングを通して感じます。

ちょっとだけ、いつもと違うところを見ることができると、

「は!」と気付くことがあり、脳内に心地よい物質がド~っとあふれると、

たちまち、表情や声、姿勢が変わるのです。

選手の起用を考える監督が、選手を見る目にサングラスをかけていたら、

勝てる試合も勝てません。

ちょっとキツイサングラスを、できる限り早く外すか、掛け替えるかできたら・・・。

可能性が広がるこのチームと監督。しばらく応援させていただくことになりました。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム

逃げたい日もある(2016/12/08 10:12)

苦手な人との距離の取り方(2016/12/06 10:12)

「目を養おうよ!」(2016/12/05 16:12)

人生の基本は・・・(2016/12/04 09:12)

このコラムに類似したコラム

そもそも、それは何の為にやるんですか? 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/09/26 07:35)

目的を理解してトレーニングしよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/09/24 05:44)

声のトレーニングもゆっくりが基本 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2012/09/07 06:15)

次に進む人からいただいた勇気と元気。ありがとう。 竹内 和美 - 研修講師(2012/07/19 23:07)

テニスコーチの話(10) 下田 令雄成 - 経営コンサルタント(2012/02/17 12:30)